FC2ブログ
 
01/08(火) 今年の目標。
2019-01-08 Tue 23:54
新年会の席で今年の目標をみんなに宣言するというのが恒例となっていたが
今年は例年以上に大人数だったのでの時間の関係で遠慮した。
それをブログに書くと言いながら出来ずにいたが、
ようやくその気になったので書いておく。

そんな話まったく興味のないよという方はこの先は読まなくて大丈夫です。

*************************************************************************

3年前(この年は忘年会だったかも)は青梅マラソン年代優勝→目標達成。
2年前は山中湖ロードレース壮年の部優勝→目標達成。
そして、去年はバンコクマラソン優勝を目標とした。

膝痛のため思うように練習が出来ない中、
なんとか山中湖ロードを優勝してバンコクの切符を手にした。
そのバンコクマラソンのゴール後、速報で自分の名前が1位にあるのを見た時、
達成感というか、充足感と言ったらいいのか、とにかく幸せに満ち足りた気持ちだった。

まだ明けないバンコクの星空に向かって何度も拳を突き上げた。
よし!よし! やった!やった!! 今年も目標達成したぞ!!
しかし、その後すぐにレース結果は訂正され、おれの2位が確定した。

その時、もちろんショックでむちゃくちゃ落ち込んだけど、
最も自分の気持ちを占めていたのは「どうして?」という感情だったと思う。
どうして、どうして…どうしてこんなことがおれの身に起きてしまったのか。

最初から「あなた2番でした」ではなくて、
いったん「1番でしたよ!」と喜ばせておいて、
「やっぱり2番でした」となったのには、いったいどういう意味があるのかと。

こんなこと、めったにあることではないのは確かだ。
それが他の誰でもなく、このおれの身に起きたのには何か意味があるはず。
それが何かの戒めだとしたら、おれのやってきたことのどこに間違いがあったのか。

人生に起こるすべてのことには意味がある。

ずっとそう信じて生きてきた。
だとしたら、「やっぱり2番でした」にも必ず意味がある。
レース後も、帰国の機内でも、日本に帰ってからも、ずっとその意味を考えていた。

でも、いまだに「やっぱり2番でした」の意味がわからない。
いくら考えても考えても、その答えが見つからないまま。
そしてたどり着いたのは、たぶんこれは一生かかっても見つからないな、ということ。

もう一度あの場所に戻ってやり直さない限りは。


もう一度バンコクマラソンのスタートラインに立って、
もう一度レースをスタートさせ、そしてもう一度ゴールする。
おそらく、また2番とか3番だとか、そういう結果であれば何も見つけられない。

1番になって、「今度こそ本当に1番ですよ!」となって初めて、
「やっぱり2番でした」の意味がわかるような気がする。

気がするだけで確信はないけど、そうする以外に
「やっぱり2番でした」の意味を知る方法はない。
バンコクマラソン優勝という目標を諦めることは、
一生わからないまま終わっもいいということ。

そんなふうに思う。
だから、今年の目標も「バンコクマラソン優勝」。
そう決めた。

だけど、これはリベンジとかそういうことではないし、
例年のようにレース結果だけがすべてというわけでもない。
目標としては去年と同じだけど、求めるものはまったく違うのだ。


長くなってしまった。
やっぱり、新年会で話さなくて良かった。
話とスカートは短い方がいいって言うからな。


言わねえか。

<今日の練習内容>
(昼ラン)
ロードビルドアップ走、5.0km。

(帰宅ラン)
途中駅から、9.0km+α。(日野駅~大和田橋経由)

<今日のデータ>
今日の走行距離           16.0km。
今日まで             107.5km。
平均              13.4km/日

キト: S×4.P×0,tu=0,TT=0,pb=0。


△cm×2


bb17
ab
bd97
ad
ff2
on1*08
fr30*6
C310 1500
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<01/09(水) 12000。 | 月下独走 | 01/07(月) 仕事始め。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪