FC2ブログ
 
12/02(日) 第4回 東日本マスターズ駅伝競走大会
2018-12-02 Sun 20:16
朝の計量、60.3kg、府中多摩川マラソンから0.4kg減。
60kgを切って走りたいと思っていたが叶わず。
ただ、少しずつだけど順調に落ちているので、このまま気を抜かずに継続したい。

昨夜の就寝は23時半くらいだったか。
寝る前に急に腹痛がして、しばらくしてP状態。
冷蔵庫に入っていた水であたったらしい。


起床は6時5分、いつも通りに5時に猫に朝ごはんをあげた後、二度寝。
睡眠は十分だったがまだ寝足りない感じがあった。
左足首の痛みは完全にはとれてなくちょっと不安があった。

出発は7時ちょっと過ぎ、女房に駅まで送ってもらった。


 

ほとんど日がささず、寒い1日だった。


寒いとアップしてもなかなか身体が動いてくれない。
今日は本当に走れるのか不安になる。
それでも、念入りにアップを続けると少しずつ動くようになった。


東日本マスターズ駅伝は都道府県別男女別対抗。
1区から5区まで、60歳以上、50歳以上、40歳以上、30歳以上、30歳未満。
去年に引き続き、東京Aチームの2区を走らせてもらった。


レースは、1区60代の星ノダ先輩が余裕のトップで帰ってくると思いきや、
途中で肉離れを起こすトラブルでトップと30秒差、
まさかの3位でいきなり見せ場を作ってくださいました。

先輩、ありがとうございます。
襷を繋いでくださり大感謝です。
どうぞお大事にしてください。


2位埼玉の2区はいつも一緒に練習しているウッシー。
実力的にもどっこいのウッシーと引っ張り合いながら前を追う。
はるか先に見えていたトップが少しずつ近づいてくるのがわかった。

ペースは330くらいで決して速くはなかったが、
今の調子ではこれが精一杯で苦しくてたまらなかった。
だが、ちょっと気を抜くとウッシーに離されてしまうので堪えるしかなかった。

3キロすぎでトップを捕らえた後もウッシーとサイドバイサイド。


ラスト勝負では元1500日本記録保持者には到底かなわないので、
残り600メール辺りで引き離しにかかったがあっさり着いてこられた。
そうこうしているうちに、ずっと二人の後ろに着いていた千葉の選手が抜け出して行ってしまった。

まあな、そんなもんだ。


2区3位、区間記録も3位で3区のアリマさんへ。


その後、なかなかトップを奪えずに20秒差で最終区へ。
今回ばかりは連覇が危ぶまれたが、アンカーのイトウ選手が見事逆転。
さすが、青梅30キロのレコードホルダー。





ちょっとハラハラしたけど男女ともに連覇達成で
立川で行われた祝勝会は大盛り上がり。



皆さん、お疲れ様でした!


来年も呼んでもらえるように一年間頑張ろう。

来年こそは区間賞奪回だー!


<今日の練習内容>
(大会) 第4回 東日本マスターズ駅伝競走大会。
(アップ)
3.0km 

(本練習)  5.13km(レース)

駅伝2区(男子50歳以上) 17'42(3'28/km)区間3位

(ダウン)
3.0km 

<今日のデータ>
今日の走行距離           11.0km。
今日まで               11.0km。
平均               5.5km/日

キト: S×4.P×0,tu=0,TT=0,pb=0。





bb03
ab
bd25
ad
ff85
on1*02
fr30*6
C310 1500
別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<12/03(月) お湯は暖かい。 | 月下独走 | 12/01(土) 明日は駅伝。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪