FC2ブログ
 
03/12(月) リベンジ。
2018-03-12 Mon 23:13
昨日は10キロだったし、ダメージもそれほどないと感じていたので、
今日から気持ちも新たに頑張って練習しようと思っていたが、
いざ昼ランを走り出すと、脚は重く、まったくスピードに乗れなかった。

40代の頃は10キロレースなら翌日から普通に練習できていたのが、
やっぱり歳なりに無理がきかない身体になってきているということか。
無理にペースを上げるのはやめて、フォームに気をつけながら、
肩の力を抜いてリラックスしながらスピードを維持することに集中した。


帰宅ランは会社からゆっくりペースの疲労抜き。
途中までは順調だったが中盤からスピードが上がり過ぎてしまった。
その分、後半は超ゆっくりペースでじっくり走った。



さて、昨日の日高かわせみマラソン。
先月の青梅マラソンに続いて年代1位はならなかった。
昼ランでまったくスピードが出ずに苦しんでいたのがそのまま結果となった。

レースになればそこそこスピードが出るのかもという淡い期待は見事にハズレ。
悔しい気持ちはもちろんあるが、お正月には1ミリも走れなかったことを考えると
この結果は仕方ないというか、よくここまで走れるようななったと喜ぶべきかも知れない。

悔しい気持ちがある反面、2位で良かったとも言える。
負け惜しみに思われるかも知れないが、これも偽らざる正直な気持ちだ。


今回は、小田原尊徳マラソンにエントリーしそびれ、
同じ日に適当な大会はないかと探して見つけたのが、かわせみマラソンだった。
小さな大会だから年代1位は楽に取れるかと思ったのだが大違い。

アップダウンの激しい記録の出にくいコースながら、
1位が34分台、2位のおれから4位までが35分台と、
参加者数千人規模の大会にも負けないくらい50歳代のレベルが高かった。

もし小田原尊徳マラソンに出ていたら、
今の調子でも年代1位を取れて、いい気分で帰路についていたに違いない。
でも、今までもそうだったように、自分にとって一番のモチベーションはリベンジ精神だ。

負けて悔しい思いをした時こそ、翌日から練習を頑張ることが出来る。
だから、下手にそこそこのタイムで1位なんか取らない方が今後のためなのだ。
2ヶ月半後の本命レースのためには、負けて悔しい思いをした方が絶対にいい。

しかも、今は本調子でないからなおさらその思いは強い。
青梅で負けた時も、今回も、次はリベンジしてやろうと思うと、
やる気が沸々と身体に満ち溢れて来るのがよくわかる。

だから、しばらくは2位でいい。


…って、
やっぱり負け惜しみにしか聞こえないか。


おやすみなさい。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
6.3km(1050mコース6周) ビルドアップ走。

(帰宅ラン)
会社から、18.0km。(立日橋経由)

<今日のデータ>
今日の走行距離          24.5km。
今日まで            177.0km。
平均               14.7km/日

キト: S×12,P×10,tu=0,TT=10,pb=2。


△cm×2


bb10
ab
bd84
ad
ff12
on4*12
fr31*12
C310 1500 
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<03/13(火) 質の高い練習を。 | 月下独走 | 03/11(日) 【速報追記】第42回日高かわせみマラソン大会。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪