03/26(日) 第36回 2017多摩ロードレース大会 。
2017-03-26 Sun 13:16
朝の計量、60.3kg、小田原尊徳マラソンから0.8kg増。
練習量を抑えているので仕方ないけど、これから少しずつ落としていきたい。
昨夜は10時くらいには夢の中、12時前に目が覚めてトイレに行ったけど、その後はすぐ眠りについた。

次に目が覚めたのは5時半くらいで、睡眠時間は十分。
脚には両方のハムに痛みがあったが、左足の甲の痛みはかなり治まっていた。
調子としては、良くはないがすごく悪いわけでもないといったところ。

出発予定は6時40分としていたが、ドタバタして6時50分を過ぎていた。
予定よりちょっと遅くなって、思えばこれが失敗レースの第1章だったか。
会場まで息子に送ってもらい、雨が降って寒い朝だったので大助かりだったが…。


ここで本日2回目の失敗、息子に送ってもらった後で車の中にスマホを置き忘れたことに気づく。
大きな問題ではないが、レース前のルーティーン、
音楽を聴きながらのアップが出来ずに調子が狂った。

そのせいではないだろうけど、スタートに向かおうとして本日3回目の失敗に気づく。
ランシャツに着替えて荷物を預けた中に手袋を入れてしまった。
迷ったけど、この冷たい雨の中を手袋なしはキツイ。

預けた荷物を係りの方に出して頂き、レース用の手袋を探したがない。
仕方ないので普段使っているフツーの手袋で我慢することにした。
あたふたしてる間に競技場のトラックに着いたのがスタート2分半前。



すぐに先頭に並ぼうとしたら、後ろから行くように言われ、
トラック1周して後ろから回ってスタート地点に着いたのが1分前。

多くの人が時計に手をやって準備してるのに、オッチョコPはまだ来ない。


やっと来た。


いつもならストレッチしたり、靴紐をしっかり結び直したりするのが、今日は出来ずにスタート。
結果的に本日4回目のこの失敗が、後々、本日最大の失敗につながることになる。

スタート!


慌ただしくなったが、スタートに間に合わないという最悪の事態は免れた。
しかし、ギリギリ間にあったものの、スタートして走り出してみると靴紐が弛かった。
それでも、競技場を出る時には全体の10番手あたり、年代ではトップらしかった。



トップグループはマスを含む7~8人。
50~80メートル離れておれと若い選手が並走していた。



2キロ辺りにある折り返しで確認すると、後続とは100メートルくらいの差。
雨粒がサングラスを濡らしてナンバーは確認できなかったが、
なんとなく同じ50歳代の選手じゃないかという気がした。

3キロ辺りで確認しても差は広がってなく、
その時にはもう50歳代の選手だと確信していて、
両方のハムに痛みを感じていたが、気を抜かずに差を広げようと必死に脚を動かした。

キロ毎の表示はなかったが、中間点の表示では17'22で
目標の34分台のペースは保てていたが、後半このペースを維持するのは苦しいだろうと思った。
並走していた若い選手は少し先行するようになっていたが、離されないように気をつけていた。

後続の選手との差はあまり変わらずに苦しい展開。
中間地点のある場所は500メートルくらいをぐるっと回ってくるコース取りになっていて、
その後は後続の選手たちとすれ違いながら走る。

ちょうどネコ兄さんが中間地点に向かおうとするところで
声を掛け合ってお互いを励ましあった。
中間点からラスト3キロ地点は7'08と、やはりちょっとペースが落ちた。

それでも、今のペースで走れていれば後続に追いつかれることないと思い、
とにかく最後の最後まで全力を出し尽くそうと気持ちを入れ直した。



ラスト2キロを過ぎて、ここから最後の踏ん張りだと思った、その時…

左足のシューズから、何やら音がする。
見ると、シューズの紐がほどけてそれがアスファルトに当たっている音だった。
直ぐに足が弛くなって、どんどん走り難くなっていった。

そのまま走りきろうとも考えたが、さらに走り難くなってきて、
後続との差を考えて、紐を結び直そうと決めた。
立ち止まって、靴紐を結び直す。

焦っていたせいだろう、本日5回目の失敗。
冷静に考えれば、手袋を取ってから結び直すのが当たり前。
しかし、手袋のまま結び直そうとしたため、なかなか結べない。

レース用ではなく、フツーの手袋だったことも良くなかった。
手間取っているうちに、後続がどんどん近づいてくる。
なんだか悪い夢でも見ているような気持ち。

何度やってもうまくできないので、このままでは追いつかれてしまうと思い、
靴紐は諦めて、そのままゴールまで走ることに決めた。
ラスト1キロを過ぎる、いよいよ走り難さMAX。

後ろを見ると、後続はすぐそこまで迫っていた。
ただし、それは前半まで後ろにいた50歳代らしき選手ではなく、
もっとずっと若い選手だった。



競技場に入り、トラックを回り出すと、後ろからの足音がどんどん迫ってくた。
例え50歳代でなくても、ここで抜かれるのはしゃくだから必死になって脚を動かした。

シューズ脱げそう!


ブカブカした左足でスパートするがままならず、
最後の最後で若い選手に抜かされてゴール。
辛うじて年代1位は死守したが、35'31で目標にしていた34分台を達成できず、
なんとも間抜けな失敗レースになってしまった。

雨のため表彰式はテントの下で。


今年5勝目も反省ばかりのレース。
苦い思いを胸に多摩市立陸上競技場を後にした。


帰りに聖蹟桜ヶ丘の中華屋さんでランチ。


今日は26日、風呂の日ということで、
夜は焼肉ではなく、日帰り温泉のロテンガーデン。
露天風呂につかり、雨にうたれながら今日1日を振り返る。

失敗の連続だったけど、まあ、勝てたし、
タイムは目標に届かなかったけど、3年前は35'35(ミツコミツコ)だったから
3年経って走力は落ちてないのは、まあ良かったことではある。





ドタバタ劇のような1日も、家族と楽しく食事をしながら振り返ると笑えてくる。

反省点は次に活かそう。


多摩市体育協会の皆様、審判員、スタッフの皆様、応援の皆様、
今日は冷たい雨の中ありがとうございました。
参加された選手の皆さん、お疲れ様でした。

また一緒に楽しみましょうね!


<今日の練習内容>
(大会) 第36回2017多摩ロードレース。
(アップ)
2.0km 

(本練習)  10km。(レース)
35:31  男子10キロ50歳代、第1位。(総合10位)

~05.0  17'22'28  17'22'28  17'22'28(3'28'46/km)
~07.0  07'08'53         24'30'81
~08.0  03'42'14         28'12'95
~09.0  03'44'05         31'57'00
~10.0  03'34'02  18'08'74  35'31'02(3'33'10/km)

(ダウン)
2.0km 

<今日のデータ>
今日の走行距離         14.0km。
今日まで           179.5km。
平均                6.9km/日

キト: S×4,P×0, tu=0,TT=0。





bb03
ab
bd05→95
ad
ff15
on5*26
fr30*9
(ロ)
別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<03/27(月) 奥飛騨。 | 月下独走 | 03/25(土) 雨に負けずに。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪