12/09(金) レース前はいつも不安。
2016-12-09 Fri 23:01
腰は昨日に比べて少し前進。
前屈した時の痛みがだいぶ和らいできた。
ただし、まだ思いきり走れるほどには快復していない。

風邪の方も、鼻水とくしゃみは昨日より出るが、
身体のだるさはだいぶ取れてきて、快方に向かっていると思う。
鼻水とくしゃみも、治りかけの症状なのかも知れない。

そんな気がする。
希望的観測かも知れないが。
まあ、希望を持つというのは悪いことではない。


昼休みは整骨院か昼ランか迷ったけど、
夕方に下北沢の治療院に行くし、少しでも走っておきたかったので
腰を悪化させないように注意して、4'40くらいのペースでジョグ。

このペースでも、走っているうちに脚にダメージが蓄積していくのがわかった。
もう2週間以上まともに走ってないから当たり前か。
そう考えると、例え腰の痛みが取れてスタートラインに着けたとしても、
今度のレースの苦戦は容易に予想できる。


腰の快復が芳しくないのは、もちろん女房も知っている。
けれど、「大丈夫?」とか「レース出れるの?」とか、一切聞かない。
「痛いの何だの言ってどうせ走るんでしょ」と思っているのだ。

さらに、「結局は勝つんでしょ」くらいに思ってるふしがある。
皆さんの中にも、半ば呆れながら同じことを思っている方がいるかも知れませんが、
おれは一度もそんな風に考えたことはありません。

毎回、薄氷を踏む思いで、びくびくしながらレース当日を迎えています。
今回みたいに、どこかに不安なところがある時はなおさらです。
誰だってそうでしょう。おれも同じです。

そう言っても、「またまた、よく言うよ」とか思われるかも知れませんが、だって、
あのみっちゃんでさえレース前は負けるかも知れないとネガティブ思考になるというんだから、
おれごときが走る前から勝てるなんて思えるわけがないよね。

そりゃそうですよ。

当たり前です。


また明日。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
5.2km(1050mコース5周) ジョグ。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離          5.5km。
今日まで             50.0km。
平均                5.5km/日

キト: S×6,P×0, tu=0,TT=0。


△cm×2


bb10
ab
bd05→01→95→89
ad
ff68
on2*09
fr20*23
別窓 | レースに向けて | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<12/10(土) 明日は小川和紙マラソン。 | 月下独走 | 12/08(木) 少し前進。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪