11/01(火) 我孫子の思い出。
2016-11-01 Tue 22:51
明け方4時頃、熱っぽさに耐えきれずに葛根湯を飲んだら、
目覚ましが鳴る時間には症状は落ち着いていた。
朝は雨が降っていたが、モノレールのトラブルでひと駅分歩くはめになって辛かった。

昼に雨なら絶対に走らないと決めていたが、
幸か不幸か、昼前にはすっかりあがっていた。
あまり乗り気はしなかったが、走り出してみるとそこそこ動いて、
昨日よりいくらかマシだったので、雨があがったのは幸の方だったか。

しかし、帰宅ランは一転して動きが悪く、
脚にダメージも残っていたので超ゆっくりのマッサージラン。
風が冷たかったから、ゆっくりペースは結構しんどかった。

体調はイマイチだけど、ここは気力で乗り切りたい。


さて、一昨日の日曜日、手賀沼エコマラソンにも多くの走友が参加したようだ。
走ろう会のK林さんが1時間35分、70歳~74歳で優勝!
走ろう会には偉大な先輩ランナーがたくさんいて刺激になります。

手賀沼は、千葉県の我孫子市など四つの市にまたがる利根川水系の湖沼。
走友には意外と我孫子市に所縁のあるひとが多いみたいで、
実はおれも、それほど深いわけではないが我孫子には思い入れがある。

兄が大学生の時、この我孫子市にある学生寮に住んでいて、
おれが高校生の頃に、その寮に泊まりがけで遊びに行ったことが2~3度あり、
夏に行った時には手賀沼でボートに乗った記憶もある。

行くとだいたい2~3日は兄と狭い部屋に寝泊まりしていたが、
3年前に手賀沼マラソンに出た時は、高校生だったあの頃の懐かしい記憶が甦った。
あの時はおれも若かった。(今も若いけど)


好きな小説家に志賀直哉がいる。
ほとんどのひとが名前くらい聞いたことがあると思うけど、
近代日本文学を代表する、というか日本を代表する作家のひとりだ。

地元の方はよく知っていると思うけど、
志賀は手賀沼の畔に住んでいたこともあって、
作品には度々、我孫子市が登場する。

中でも好きな作品は「和解」で、この作品の舞台も我孫子がメインである。
我孫子や手賀沼の名前が出てくると、自然と記憶の隅に仕舞われた風景が脳裏に映し出される。
そんなこともあって、「和解」にも特別な思いがあるのかも知れない。

ある年の冬休み、築地の卸売業者にバイトにかり出されたことがあって、
その時も兄の寮に寝泊まりして1週間ほど通った。
兄はテニス部にいて、確かそこのOBが卸売業者の若社長だったのだ。

悪いことに、バイトに通っていた最中に元カノのお父さんが亡くなって、
元カノは何度もおれの自宅に電話をかけて来たが、おれは一向に帰らない。
兄の部屋には電話がなかったので連絡の取りようがなかったのだ。

ケータイなんてなかった時代には、そういったすれ違いは珍しくなかったろう。
おれの他に頼りになる友達がいなかったわけではなかっだだろうけど、
何度も何度も電話してきたということだったので、
心細い気持ちを思うと可哀想なことをしてしまった。

そういえば、初めて居酒屋で飲んだのもその時だった。
今でも覚えている、駅前の「養老乃瀧」だ。
店を出る時、兄に「言え」と言われるままに、
意味も何も知らないまま、小さな声で店員に「オアイソ」と言った。

フラフラした足取りで兄の寮に帰った。
八王子で起きていることなど露知らず、良い気分で酔っ払っていた。
我孫子には、苦いような、しょっぱいような思い出が、
今も置きっぱなしのままになっている。そんな気がするのだ。


まあ、そういう思い出がある無しに関わらず「和解」は良い作品だと思うので、
我孫子に所縁のある方はもちろん、興味がある方はぜひ読んでみて下さい。


おやすみなさい。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
6.3km(1050mコース6周) ビルドアップ走。

(帰宅ラン)
会社から、18.0km。(拝島橋経由) 1'42

<今日のデータ>
今日の走行距離          24.5km。
今日まで           24.5km。
平均            24.5km/日

キト: S×12,P×0, tu=0,TT=15。


△cm×2


bb09
ab
bd91
ad
ff56
on2*01
fr18*28
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<11/02(水) 6000+ホットコーヒー。 | 月下独走 | 10/31(月) サブスリー。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪