07/19(火) 単細胞忘れ易く、イメージ成りがたし。
2016-07-19 Tue 23:05
前回に引き続き2日間オフにしてなんとか走れる状態に。
しかし、走れると言っても痛いは痛い。
ここ最近ではマシだというだけで、実際は結構な痛みがある。

昼休み、公園に向かって走りながら、
これで思い切り走ったらまた明日は走れないのだろうな、
と思ったら、ちょっとげんなりした気持ちになってしまった。

でも、たとえ明日走れなくても今日はレースのために走っておきたい。
明後日また走って、金曜、土曜と脚を休めてレースに臨めばいい。
そんな風に考え、開き直って力を込めて走り出した。

今日もくそ暑いので、3周したあとに約1分間の水浴びタイム。
その後に全力に近いペースまで上げて2周して、
もしおれの計算があっていれば、計5周で今日の練習は終了した。

レースをイメージして走ったが、その一方で、
レースではここまで走り切れないのだろうな、ということもわかっていた。
レースになると、いつも今日みたいに自分の思い通りには走れない。

つくづく思うのは、おれが一番力を出し切れるのはレースではなくて、
普段、こうして走る昼ランだ。
これが相手のいるレースになると、ここまで追い込めずに終わってしまうことが多い。

それはとりもなおさず、メンタルな部分に依るところなんだと思う。
レースの時、もし普段の昼ランと同じ気持ちで走ることが出来たら、
もっと自分の目標に近い結果が得られるはず。

要するに、いかに周りに左右されないかだ。
先行されても、先行しても、動揺することなく、平常心を失わず、
スタートしてからフィニッシュするまで、イメージ通りのレースができるか。

それは、口で言うほど簡単ではない。
いつまで経っても、たぶん、おれには無理だろう。
これはもう、レースの時に「これは練習だ。普段の昼ランだ」
と、自分自身を騙す以外に道はない。

果たして、そんなことが出来るのか。
到底、出来ないというようにも思える。
でも、よく思い出せ。おれは単細胞だったじゃないか。

そう思うと、なんだか出来る気がしてきた。

さすが、単細胞。


夕刻…。

いつものように、高尾山温泉の炭酸泉の中で正座をし、半身浴の格好で
暮れなずむお山を眺めながら、心を鎮めて
おれは次のレースの情景を頭に描いてみた。

決して目を閉じてはならない。
目を閉じてイメージするのは容易いが、
実際のレースでは、目を閉じて走るわけにはいかないからだ。

木々の葉陰に夜の帳が入り込んでいくのを目を置きながら、
おれの脳裏には、次第にレースの情景が浮かび上がってきた。
真夏の競技場、灼熱の陽に晒されたトラック。

おれは、スタートラインに立つ。

周りにはライバル達が鼻息を荒くして
やれ今かと号砲を待っている。
すっかり興奮状態にあるライバルを尻目に、おれは冷静そのものだ。

そしておれは思う。
イメージする。

これは昼ランだ。
勝ち負けなどない、ただの練習だ。
周りには誰もいない。
おれ独りだけのトライアルだ。
思い通りの走りをして、
思い通りの結果を出す。
ただそれだけでいい。


いつしか、おれの頭の中には
たった独りでトラックを駆けるイメージが
ありありと浮かび上がってきた。

やれる。

やれる気がする。

今度のレース、
おれはイメージ通りの走りが出来る。

出来る。

出来る!

おれは、絶対に出来る!

絶対に、絶対に…


…ところがその後、
サウナで伝統の一戦、巨人×阪神戦の内海の熱投に興奮していたら、
(火曜サプライズはお休みでした、残念)
せっかく出来上がったイメージが、跡形もなく何処かへ消えて無くなってしまったのだった。


チッ、単細胞め。



ビールうめー。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
5.2km(1050mコース5周) ビルドアップ走。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離          5.5km。
今日まで          161.5km。
平均             8.5km/日

キト: S×9,P×0, tu=0,TT=12。


△cm×2


bb09
ab
bd99→86
ad
ff37
on1*19
fr4*44
別窓 | レースに向けて | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<07/20(水) 800×7。 | 月下独走 | 07/18(月) 今日もオフ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪