07/16(土) 明日という日があるじゃないか。
2016-07-16 Sat 22:32
2日間オフのお陰でハムの痛みはだいぶ治まってきてはいたが、
日影沢に行ってしまうと強化練習は走れない可能性が高いので止め。
昼間は1日脚を温存して夕方の練習に備えた。

夕方、アップがてら富士森まで走って行った。
オフのお陰で最初は脚が軽いと感じていたのが、
少し走るとハムやら股関節やら腿やら痛み出す。

今日のメニューは3000のTT。


来週のトラックレースと同じ距離。
本来ならうってつけの練習ということになるなのだけど、
トラックでのアップ中も脚の痛みが気になって仕方ない。

当初の目標は3'20ペースの10分だったが、
この状態では3分半のペースも難しく、痛みがひどいようなら
途中リタイヤもあると思っていた。

序盤は、痛みはあるものの3'20に近いペースで走れていた。
先行するSAWAとカトーくんに離されないようにしながら、
ラスト1000でペースを上げて、なんとか3000を走りきった。

当初の目標には及ばなかったが、意外に結果は良かった。
2日間オフにしたお陰ではあるけど、来週のレースはなんとか走れそうで安心した。


一旦帰宅してシャワーを浴びて、めじろ台祭りに出掛けた。
今年もたくさんの人で賑わっていた。



さて、昨日の話の続き。

狐狸庵先生こと、遠藤周作さんのエッセイ『明日という日があるじゃないか』。


この中で先生はまず、夜と言うのが何のためにあるのかを考える。
夜や眠りによって区別される今日と明日との違いにが
何のためにあるのだろうかと反省する。

でも、明日という日が今日と違ってあればこそ、助かっていることも多々ある。

不快に思ったことや後悔の種になるようなことも、
夜と眠りの時間の区切りがあるお陰で、どうにか鎮まり、
やり直しの希望が湧いてくることがよくある、と言うのだ。

続けて先生は、こんな風に書いている。

明日のことを思いわずらうなかれ。
もちろん、これは言うまでもなく聖書の言葉である。このあとに次の言葉がつく。
「今日のことは今日にて足れり」
しかし私が好きなのは次のトルコの格言である。
明日できることを、今日するな。
私は時折にこの言葉を自らに言いきかせるのは、
今日できる原稿も明日にのばそうとする怠け心が働く時である。
しかし本来はこの言葉、怠けろという意味ではなく、
今日の仕事をやり終えたならば、その後は愉快に遊べ、
愉快に人生を楽しめ、明日の仕事までガツガツ、
今日のうちにやるような奴は結局出世しても、
人間として損なのだという意味なのであろう。
「明日のことを思いわずらうなかれ」も「明日できることを、今日するな」も、
日本の諺には決してない。
「先んずれば人を制す」とか「先手必勝」のような格言のほうが、
アクセク蟻のように働く日本人生活向きな格言なのかもしれない。
小学校の時、先生が予習は復習にまさると言われたのを憶えているが、
トルコのほうでは、そうは決して言わないだろう。
アクセク時代はついに終わったのだ。今こそ生活のために生きるのをやめて、
人生のために生きよう。アクセクの虫が心に動きだしたら、
明日できることを、今日するな
と心に呟こう。トルコ人のような考え方も満更、悪くはないではないか。


結局、今日やるべきことは今日のうちにやる、ということに変わりないのだろうけど、
でも、そうは言っても日々のことだからままならないことだってある。
今日やらなきゃいけないとわかっていても、どうにも無理な時ってあるだろう。

普段は今日やるべきことを今日のうちにしっかりこなして、
尚且つ、明日のことまで前倒しでやってしまうような超ポジティブなひとだって、
たまには「今日はキツイなあ」と思う日だってあるでしょう。

頑張ってないわけじゃないけど、いっぱいいっぱいで、
どうしても今日の目標に到達できそうにない時、
そんな時でも、「明日やろうは馬鹿やろう」と自分を叱咤して乗り切るか。

乗り切れたら、それはそれですごく良いことなのかも知れないけど、
それでも、「やっぱり今日は無理」って時はあるんじゃないかな。
自分を追い込み過ぎて、袋小路に迷い込みそうになった時。

そういう時は、そんな自分を駄目なヤツだと責めないで、
たまには自分に優しくなって、落ち込む自分自身に向かって
励ますような気持ちで言ってあげたらどうだろう。

明日という日があるじゃないか。


やっぱり弱虫で怠け者の言い訳なのかな。

どうなんだろね。

<今日の練習内容>
(強化練習)
(アップ)
自宅~富士森、2.0km。 
トラック、2.5km。 

(本練習)
3000m(タイムトライアル)

(ダウン)
1.5km。 

<今日のデータ>
今日の走行距離          9.0km。
今日まで          156.0km。
平均             9.7km/日

キト: S×2,P×0, tu=0,TT=0。


×


bb14
ab
bd98
ad
ff35
on1*16
fr4*44
別窓 | 強化練習 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<07/17(日) 偲ぶ会。 | 月下独走 | 07/15(金) 明日やろうは本当に馬鹿やろうか。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪