03/21(月) 連休最終日。
2016-03-21 Mon 23:24
朝6時40分、まだ寝ていたい気持ちにムチ打ってベッドから這い出す。
昨夜はあまりにも早く寝すぎて夜中に目が覚め、
再び眠りに着いたのは明け方近くだった。

今日は上野原にある女房方のご先祖様のお墓掃除とお墓参り。
帰りは夜になる予定だから、走るとしたら朝しかない。
10時に出発の予定だから、9時半には帰宅しないとならない。

7時に家を出るつもりでいたが、ちょっとだけ遅れた。
チャリを走らせること30分ちょっと。
やってきたのは超久しぶりの日影沢林道。


昨日のような陽気を想定していたら、今朝は意外に寒く、
チャリで坂道をエッチラ上ってきたわりに汗もかかず、
手先や足先は寒さで悴んでしまった。

Tシャツと短パンになると、アームウォーマーをしていても寒く感じた。
走り出せば汗をかくくらい暑くなると思っていたが、
今日は一向に身体が暖まってくれなかった。


調べてみると、ここでの自己記録は上りの往路が22分35秒(約4キロ)。
久しぶりだし朝だから23分半くらいが出せたらいいかな、
という思いで、あまり力まずに走り出しだ。

朝早くだというのに、すでに何組かのハイカーさんが林道を上っていた。
結構、一生懸命に走っていたつもりだったが、
中間地点では12分をオーバーしてしまった。

息を切らして上っていくと、頂上が見えてきたあたりで、
ポツリ、ポツリ、と周囲の葉を濡らす音がして、
雨かなと思ったら、なんと雪だった。

雪はすぐに止んでしまったが、どうりで寒いわけだ。
ようやく小仏城山のゴールに辿り着いた時には、
タイムはすでに24分をまわってしまっていた。

頂上からはずっと遠くまで続く曇天の先に、スカイツリーがくっきり見えた。
少し視線をずらすと、横浜のランドマークタワー(たぶん)の先には海も見えた。
めんどくせえなあ、と思いながらも走りに来れて良かった。


しかし、後でよく考えてみると、自己記録更新を目指して走っていた時は、
今日なんかよりもっともっと追い込んでいて、
もっともっとヒイヒイ言いながらヘロヘロになって頂上のゴールに着いていた。

次回はもう少し追い込んで、せめて23分半は切りたい。
今日は出来たら2往復と思ってかいたが、時間もなく、
1往復だけでかなり脚にきていたのでおとなしく帰路についた。

帰路で会った美人ランナーさんは、きっと3往復とかしちゃうんだろうな。
おれも、もっと強い脚が欲しいなあ…。
そんなことを考えながらチャリを漕いだ。

家に着いてすぐに朝食を済ませ、女房と息子と共に出発。
心配していた渋滞もなく、お墓掃除も滞りなく済ませ、
次の予定地に向けて出発した。

途中、上野原に来た時の定番、植松のあんどうなつ。



どこか懐かしい感じの山道を走らせ、


長いトンネルを抜けて行き、


着きました、秋山温泉。




温泉施設としては、最近できたばかりのものに比べたら、
ちょっとレトロ感はあるけど、なんと言っても気色がいいし、
静かで落ち着いた雰囲気がいい。

温水プールもあるので、水着があればスイミングも楽しめる。
ゆっくりできて、なかなか良かった。

料理も美味しくて、生ビールの注ぎ方もナイスでした。


今日も息子のお陰で美味しく飲めました。
ありがとう。


家に帰った時にはすっかり暗くなっていた。


月の明るい夜。



おやすみなさい。

<今日の練習内容>
(アップ)
チャリ、8km。

(本練習)  日影沢林道アタック。

往路 24'41"90 (2'03、6'04、3'52、2'50、9'51)
復路 19'39

(ダウン)
チャリ、8km。

<今日のデータ>
今日の走行距離          8.0km。
今日まで          186.5km。
平均              8.8km/日

キト: S×4,P×0, tu=0,TT=0。





bb16
ab
bd20→10
ad
ff18
on1*21
fr22*11
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<03/22(火) Facebook。 | 月下独走 | 03/20(日) 反省。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪