02/14(日) 第66回 全関東八王子夢街道駅伝競走大会。
2016-02-14 Sun 21:30
朝の計量、59.1kg、本番レースまで1週間。
ここまで順調にきているので、気を抜かずにやりたい。
昨夜は生大2杯飲んで10時くらいに寝たが、5時までぐっすり。

6時にかけた目覚ましを解除して早めに起きた。
外は横殴りの風雨だったが、雲の切れ間が見えたので、
走る時間にはやんでくれるだろうと思った。

昨日走ったわりにはハムの痛みはそれほどではなかった。
肩の痛みが気になったので、先週の神奈川マラソンの時と同じように、
勝田の賞品でもらったチタンテープを貼ってもらった。

昨晩のうちに塩パンで自作した「つぶあん&マーガリン(バター)」。
つぶあんをたっぷり入れたのは美味かったが、いつものより固くてちょっと食べづらい。


女房に集合場所の南多摩高校まで送ってもらった。
雨はほとんどやんでいた。


専用バスで散田架道橋の中継地点まで移動。
選手コールの行われるいつもの公園で準備開始。
アップを始めると、2つのことがわかった。

1つは、やっぱり前日に酒を飲むと動きが悪い、ということ。
ハムの痛みは気になるほどでなく、肩もチタンテープのお陰か痛みがひいていた。
だけど、身体が重だるい感じで、動いてくれる気配がまるでなかった。

もう1つは、自作つぶあん&マーガリンはよくない、ということ。
よくない理由は、まず、いつものコッペパンに比べて消化が悪いらしいということ。
あと、自作ではどうしてもつぶあんとマーガリンの量が多すぎてしまう。

そのため、アップをしていても何となく
胃袋に消化されないものが残っているような、
胸焼けするような感覚があった。

まあ、酒にしてもつぶあん&マーガリンにしても、
それから鍋焼うどんにしても、普段のレースでやってることを、
普段の通りにやれば何の問題もないのだから、余計なことはしないのが一番。

本番レースでも、普段通りのルーティンを粛々とやることが一番だな。


10時近くまでアップしたあと、準備を整えて中継地点に向かった。
10時、1区のスタート時刻を過ぎると、緊張が高まってくる。
1区は4.7キロだから、16分そこそこでカトーくんが来るはずだ。

中継地点では富士森走友会から出走のコージ、ケンジらと会話して緊張が解れたが、
トップの選手が中継地点へ到着すると、再び緊張の糸がピンと張った。
すると、思っていたより早く自分のナンバーが読み上げられた。

「早い!」と、思わず口にして中継ゾーンに入った。
昨日女房が、「カトーくんがやってくれる気がする」と言ったのがその通りになった。
ほどなくして、走ろう会の黒のランシャツが見えた。

大きく腕を振って合図する。
ここだ!早く来い!ラストスパートだ!
それが伝わったように、カトーくんがスピードを上げたのがわかった。

「お願いします!」と言ってカトーくんが渡してくれた襷を受け取って走り出す。
逸る気持ちを抑えて、最初は突っ込み過ぎないように注意した。

カトーくんがいい位置で襷を渡してくれたから、
序盤は大学生にかなり抜かれたが、一般の選手はほとんどいなかった。
その中で、市役所チームからエントリーしたK川くんが、すごい勢いで抜いて行き、
あっという間に背中が小さくなっていった。

それでも、狭間駅に向かう急な上りに備えて力を温存した。
その急坂では、大学生や高校生に抜かれないよう
必死になりながらも力み過ぎないように上っていった。


(photo by Keiko)

心配していた天気も回復して、狭間駅ではたくさんの応援があったので、
自然と力が入り、上りで抜かれた学生を抜き返しすことが出来た。
高専通りの緩やかな下りでは、思い切ってスピードを上げる。

ハムがやや痛んだが、スピードを抑えずに前を追った。
高専の交差点を右折すると再び上り坂。
我チームより少し前に襷渡しをした富士森走友会の後ろ姿が見えたので、
ゴールまでに追いつこうと必死に上った。

高専の坂を上りきったら、今度は長い下り。
めじろ台駅付近でもたくさんの応援があった。
「走ろう会、がんばれー!」

中継地点まで1キロを切ったところ、
ちょうど女房の応援してくれていたところで、
ようやく富士森のY田くんを捕らえた。

そこからは再び抜き返されないように、最後の力を振り絞った。
SAWAへの襷渡しではちょっと手間取ったが、
大事故にはならず、10秒くらいのロスですんだ。

中継地点に着いた時に押した時計を見ると21分04秒。
21分を切るという目標にはちょっと届かなかったが、
前回走った時とほぼ同じタイムだったので、まずはホッとした。


走り終えたらダウンジョグしながら応援にまわる。
故障明けで練習再開して間もないSAWAだったが、
すぐ後に襷渡しをしたトヤマックスから十数メートルしか離れずに帰ってきた。

アンカーのアローに無事に襷が渡り、そのアローも無事にゴールしたと連絡がきた。
最年長77歳のN村先輩のチーム、女子チームも含め、
走ろう会の全チームがアンカーまで襷が渡り、無事にゴール。

今年の夢街道駅伝も大成功に終わった。


懇親会は西八王子の「さかなや道場」さんにて。
サポートの方を含めて40人の賑やかな会も盛況に幕を閉じた。



走ろう会Aチーム。


来年はこの中で誰がAチームに残れるか?

また一年間、切磋琢磨して走りに磨きをかけよう。



大会役員の皆様、審判の皆様、スタッフの皆様、
サポートの皆様、応援の皆様、ありがとうございました。
参加された選手の皆さん、お疲れ様でした!

また来年も一緒に楽しみましょうね!

<今日の練習内容>
(大会) 第66回 全関東八王子夢街道駅伝競走大会。
(アップ)
3.0km 

(レース)  2区 6.2km  21'04 (3'24/km)区間17位

(ダウン)
2km。

<今日のデータ>
今日の走行距離         12.0km。 
今日まで          226.0km。
平均             16.1km/日

キト: S×4 ,P×0, tu=0,TT=0。





bb91
ab
bd95
ad
ff8
on15*14
fr19*16
別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<02/15(月) 万全を期して。 | 月下独走 | 02/13(土) 実験。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪