01/24(日) 八福神巡り。
2016-01-24 Sun 22:32
今日の例会は「八福神巡り」。
大会参加者が多く、こちらの参加は少なめだったが、
心配した雪も降らず、穏やかな例会日和。



ゆったりロードはまだ雪が残っているところがあった。



----------------------------------------------------------
八王子市の七福神

八王子の七福神は、幸福を授けると言われる吉祥天女が加わり、
「末広がりの八」と「八王子の八」をかけて「八福神」と呼ばれ、
七箇所、八福神をめぐり八つの「福」を授かることができます。
神様の姿にも特長があり、地元の人々に親しまれています。
-----------------------------------------------------------


ひとつめ、吉祥院(吉祥天)。


通常、七福神に吉祥天は入らないが、
八王子の「八」に因んでの仲間入り。

大天狗、子天狗とともに高尾山を望む。



■吉祥天(きっしょうてん)…福徳自在の神様
海より生まれたインド出身の幸福の美の女神。
インド名はラクシュミー、別名「功徳天」といわれ、一切の災いを転じて吉祥とする福徳自在の功徳を持つ。
その優しさで多くの人々を助け、無量の功徳であらゆる衆生に福を与える。


トトロ。


2つめ、 宗格院( 寿老尊)。


■宗格院
千人同心ゆかりの宗格院は、甲州街道沿いにある馬場横丁の碑から北へ300mのところにあります。
開山は武田家臣山本土佐忠玄の子、价州良天和尚です。
武田氏滅亡後に兄忠房が、この地に草庵をおこし宗格庵と称しました。
その後、興福寺第六世永雲和尚が一寺をなし良价山宗格院としました。
その後、本寺第二世国芳を伝法開山とし臨済宗に帰し、興福寺本寺となり、現在に至っております。
永い歴史と由緒ある文化財を持った寺院です。



3つめ、了法寺(新護弁財天)。


■了法寺
甲州街道に面した町中にありながら参道が長くゆったりとしています。
堂内に安置されている弁天像は、右手に宝剣を持ち、左手に宝珠を持つ新護弁財天と呼びます。
一切の衆生を正道から外れぬよう守護するお姿なのです。
厄除け、縁結びの功徳があり、毎年一月末にお祭りが行われます



ここはアニメ寺。


4つめ、善龍寺(走大黒天)。


■善龍寺
昔は滝山にありましたが元八王子に一時移転し天正十九年頃、現在地に移ったといわれます。
興栄走大黒天は元禄年中、当山の中興開基日真聖人が、本堂庫裡、書殿再建の発願をした時、右足を踏み出した大黒天が本堂から発見され、そのお姿から走(はしり)大黒天と名付けて昼夜に祈願し大願成就したと伝えられるご尊像です。
毎年一月に大祭が行われます。


走り大黒天、まさにランナーの神様。

病んでいるところをタワシで擦ると治るという。


おれも、ハム、肩、脹ら脛を、よーく擦っておいた。


5つめ、 信松院(布袋尊)。


■信松院
武田信玄の第四女松姫尼公を開基とし、天正十八年(1590年)創建の寺院です。
松姫は織田信長の長男信忠と婚約しましたが、三方ヶ原の戦で両家は戦うようになり解消されました。
天正十年、武田家は滅亡し松姫は八王子へ落ちのび、仏門に入り創立したのが当寺です。
寺宝は武田水軍軍船(安宅)ひな形(都重宝)信松尼肖像ほか多数。
観音堂地階に安置された大きな布袋像のお腹をさすると福徳を授かるといわれています。



あっくん、お腹を触って東京マラソンのサブフォー祈願?


6つめ、金剛院(福禄寿)。


■金剛院
天正四年(1576年)に僧真清によって開創され、400年以上の歴史がある。
当初は現在地より南の土手下の道筋に明王院と称して不動堂があった「武蔵名勝図会」等によると寛永8年に現在地に伽藍を設け創建されたと記されている。
本尊は不動明王で古義真言宗の法灯を継ぐ寺院で、現在は本山である高野山金剛峯寺より別格本山の認可を賜り、
昭和20年8月の戦火によって灰燼(焼失)に帰した本堂を初めとする諸建物を復興し現在に至っている。
院内には、都指定の文化財をはじめ、多くの文化財を所有して収蔵されている。



7つめ、本立寺(毘沙門天)。



■本立寺
今から約450年前、戦国時代の永禄9年(1566)に創立された日蓮宗のお寺です。
古来から身延山・久遠寺の末寺として栄え、本堂に奉られる日蓮上人像は「延寿祖師」として信仰されています。
一般対象の「写教の会」「お教を学ぶ会」等が随時開催されています。
平成19年の元旦より市内毘沙門堂から毘沙門天を遷座し、七福神会に加盟しました。



8つめ、伝法院(恵比須天)。


■伝法院
宝暦年間(1751年)八王子島之坊宿(現・日吉町)に創立され、慶応元年(1865年)現在地に移り成田山遥拝所となりました。
興味深いのは、明治三九年から四一年につくられた石塀と石灯篭です。
石塀には当時栄えた700軒の店名が石灯籠には屋号、組合名、遊郭名、停車場などの文字が刻まれています。
恵比寿堂は昭和25年、八日町と上八日町の有志によって建てられました。



巡る先々で、
「今年は故障なく健康で笑って過ごせますように」
とお願いした。

スタートする時は風もなく穏やかなファンラン日和と思ってたが、
すぐに冷たい風が吹き出して、寒い寒い八福神巡りとなった。
だけど、ゆっくりのんびり巡るランは、今のおれにはちょうど良かった。

W部さんから。


チョコケーキ、美味しい!
ごちそうさまでした!


肩もハムも、ちょっと快復傾向。
さっそく御利益がでてきたかな。


おやすみなさい。


まいぷれ八王子市から記事を抜粋させて頂きました。

<今日の練習内容>
(例会 自由練習)
八王子八福神めぐり。  ゆっくりジョグ、10.0km。

<今日のデータ>
今日の走行距離         10.0km。 
今日まで          296.0km。
平均             12.3km/日

キト: S×4,P×0, tu=0,TT=0。

×



bb20
ab
bd20→10
ad
ff6
on6*24
fr16*19
別窓 | 例会 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<01/25(月) 万理一空。 | 月下独走 | 01/23(土) 気休め。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪