01/17(日)  第35回フロストバイトロードレース。
2016-01-17 Sun 09:05
朝の計量、60.9kg、足立フレンドリーからちょっとだけ減った。
昨夜は11時くらいには眠りについて、朝の6時半までぐっすり。
レース前にこんなに眠れたのは珍しい。

脚の状態は悪い。
脹ら脛の痛みは取れたが、ハムがダメ。
まあ、それはそれとして、出掛ける間際になって大事件勃発。

なんと、昨日の「竜泉寺の湯」に時計を忘れて来てしまった。
ロッカーの眼鏡置きに置いたはずだが、電話で問い合わせたがなかった。
たぶん、誰かに持って行かれてしまったのだろう。

あー。
テンション下がるー。




ここまで横田基地に向かう車内にて。
今日は息子に現地まで送ってもらってます。
こんなオッチョコPのためにありがとう。

***************************************************************

1'14'23で年代1位でした。
ハムは痛かったけど、なんとか最後までもって良かった。
時計を無くしたのは残念だけど、まあ、美味しく焼肉食べられるかな。


冬らしく寒い日
帰路の八高線の車内にて。
***************************************************************
【レースレポート追記】

   第35回フロストバイトロードレース レースレポート   

出掛けにいつもの所に時計がないことに気づいた時、
直感的に「やばい、なくした!」と思った。
慌てて探すも、たぶん無いだろうという気持ちがあった。

冷静になってよく考えてみると、昨日行った「竜泉寺の湯」で、
入浴前にロッカーの眼鏡置きに置いた覚えはあるが、
入浴後にそれを手にはめた記憶がない。

「竜泉寺の湯」に電話してみたが、なかったので、
たぶん、誰かに持って行かれてしまったのだろう。
急遽、息子の時計を借りたが、レース前にテンションはダダ下がり。


いつもならこんな時は女房からきつく叱られるとこだけど、
レース前だけはおれの気持ちが下がるようなことは一切言わない。
おれがナーバスになって理不尽なことを言っても、ただなだめすかすだけ。

この後、大会会場に向かう時にネックウォーマーの紐を絞めようとしたら
ブチッ!っと切れてしまい、縁起悪いなあ、と思っていたら、
「悪いことが続いたから、今日のレースはうまく行くよ!」
「気持ち良く走って美味しい焼肉食べよう!」と励ましてくれた。

女房に元気づけられて、なんとか気持ちを切り替えてアップを開始した。
ハムの痛みは気になったが、コンディションとしては悪くなさそうだった。
最後まで痛みが酷くならなければ、そこそこ走れそうだ。

スタート前、昼ランで会う40代スピードランナーAくんと。


彼は2年前、3年前に年代優勝している。
ここ数年、故障に泣かされていたが、最近になって上向いてきてる。
今日は出来るだけ彼の背中を見ながらレースを進めたい。

11時、おもむろに、という感じでスタートの号砲。
序盤は全体の10番手あたりに位置した。
Aくんの第2集団とは100メートルくらいの差。

20メートルくらい前には40代の選手を含む2人がいて、
おれはしばらくの間、単独走となった。
息子の時計はラップ表示が小さくてまったく読めなかった。


( photo by AYAKO )

5キロあたりから後ろに足音が聞こえだして、
しばらくして二人のランナーと合流、三人の集団となった。
40代らしきひとが終始先行し、30代らしきひとがおれの後ろに位置していた。
(この時先行していたひとが40歳代優勝)


10キロで時計を確認すると、足立フレンドリーとそれほど遅れはなかった。
むしろ足立の時より10キロでの余裕度はあるように感じたが、
ハムの痛みは相変わらずなので、どこまで持つか不安があった。

14キロあたりで折り返した時、Aくんの集団は先頭からそれほど離れてなかった。
そこまではこちらも三人の集団て規律良く走っていたが、
うち一人がきつくなってきて、やがて集団を乱した。

それがこのおれー。

すかさず後ろに位置していた30代らしきひとがおれを抜き、
前の40代らしきひととともに、ジリジリとおれとの差を広げて行った。
追いたかったが、ハムがビリビリし出して無理出来なかった。

しばらくすると前の集団に異変。
一人のランナーにトラブルがあったらしく離脱。
よく見ると、それはAくんだった。


ハムが再発したか、モートンが出たか。
しかし、Aくんはそこで棄権するかと思いきや、
ペースを落として走り続けた。

一時はかなりペースダウンしたが、その後は痛みがひいたか、
あるいは痙攣していたのが治まったのか、
あまりおれと変わらないペースでは走れているようだった。

それでもペースは落ちていて、しばらくして追いついた時、
「無理するなよ」と声を掛けた。
それが逆に彼のプライドを刺激してしまったか、しばらく並走することになった。

本当に、あまり無理して欲しくなかったが、
彼も自分より上の年代に負けるのは嫌なのだろう。
逆の立場を考えたら、それは理解できる心理だ。

Aくんはおれとの差を少しずつ広げて行った。
おれもかなりつらかったが、彼に負けじと踏ん張った。
19キロで時計を確認すると、74分は行けそうだった。

不思議なことに、やっぱり足立の時より少し余裕があった。
練習での調子もあの時の6割くらいで、ハムも痛かったが、
今日は苦手の風がそれほど強くなかったせいだろうか。

最後の力を振り絞って走る。

( photo by AYAKO )


ラストスパート!
……のつもりだったが…


レース後に女房から、
「やっぱり他の人と比べて最後のスピードが足りないね」と言われた。
レース後の女房は、言いたいことハッキリを言う。

ちょっとだけ凹む。


心配していたヒール部は、テーピングとソックスのおかげで擦れなくて済んだ。


まあ、なんにしても勝てて良かった。


KATUさんも年代優勝!やったー!


走ろう会、アベック優勝!



ユキエちゃん、チャコちゃん、年代&総合1-2フィニッシュ。


ユキエちゃんがゴールするのを見ていた時、
応援していた小さな男の子がお母さんに、
「パパ、女のひとに負けちゃった」と、ちょっと悲しそうに言ってた。
78分台だから、パパだって速いひとなんだろうに、今回は相手が悪かった。

パパ、次は負けるな!


帰り、拝島駅で八高線の待ち時間に。


ちょっとフライング。


帰宅後、COCOの散歩を済ませた後、
お待ちかねの生大&焼肉タイム!


レース前日はいつもビール無しだから、なおさら旨い!

頑張って美味しそうに撮ったけど、
こっちの方は相変わらずイマイチだな。


どうやったら焼肉を美味しそうに撮れるのかな。
やっぱり、練習あるのみなのか。

頑張ろう。


スタッフの皆さん、応援の皆さん、寒い中ありがとうございました。
参加された選手の皆さん、お疲れ様でした!
また一緒に楽しみましょうね!

    【    おしまい   】    

<今日の練習内容>
(大会) 第35回フロストバイトロードレース。
(アップ)
3.0km 

(本練習)  21km(レース)

ハーフマラソン男子50歳代 1'14'23 第1位。(総合16位)

0~1km   *'**'**
1~2km   6'46'45
2~3km   3'31'42
3~4km   3'23'05
4~5km   3'34'33  17'15'25(3'27'05/km)
5~9km   14'05'46
9~10km   3'23'56  17'29'02 (3'29'80/km)   34'44'27(3'28'43/km)
10~11km  3'33'83
11~12km  3'21'25
12~13km  3'29'81
13~14km  3'49'08
14~15km  3'33'91  17'47'88 (3'33'58/km)   52'32'15(3'30'14/km)
15~16km  3'47'58
16~17km  3'42'62
17~18km  3'29'53
18~19km  3'22'22
19~20km  3'47'51  18'09'46 (3'37'89/km)   70'41'61(3'32'08/km)
20~finish   3'41'39   1'14'23'00(3'31'54/km)

(ダウン)
2.0km 

<今日のデータ>
今日の走行距離         26.0km。 
今日まで          201.5km。
平均             11.1km/日

キト: S×2,P×0, tu=0,TT=0。





bb09
ab
bd01
ad
ff5
on1*18
fr16*19
別窓 | レース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<01/19(月) 大雪。 | 月下独走 | 01/16(土) 明日はフロストバイト。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪