12/06(日) 最後の試験。
2015-12-06 Sun 19:00
早めに家を出て、任務地には試験開始の1時間前に着いた。
構内のセブンイレブンでサンドイッチとコーヒーを買って
ラウンジで食べながら最後の確認をした。

昨夜は行き詰まって、仕方なしに2時間くらい仮眠したあと、
あらためてやり直して、なんとかいけるかも知れないというところまできた。
泣いても笑っても、これが任務最後の試験。

教室にはすでにそこそこ席が埋まっていたが、
まだ好きな席を選ぶくらいの空席はあった。
席を決めて、最後の確認の続きをした。

試験開始の時はさすがに緊張して、名前を書いたあと、
ドキをムネムネしながら問題冊子の該当ページを開いた。
問題は想定とはまったく違ったが、勉強したことを書けば大丈夫。

後はどれだけ体裁よく仕立てるかだと思えた。
ところが、覚えたはずのワードがなかなか出てこない。
頭をひねってひねって、ようやくひねり出す。

どうしても出てこないのは空欄にして先に進んだ。
途中まで書き進んで、先に書いた箇所に大きな勘違いがあったことに気づく。
慌てて消して書き直したりするうち、時間はどんどん無くなっていく。

必死になってカリカリ、カリカリ。
残り時間5分でようやく書ききった。
空欄にしたとこに戻って必死に思い出す。

あれだけ繰り返し書いたワードが、どうして出てこない?
脳ミソの隅から隅まで探しても、どこにもない。
もうダメか、と諦めかけた時に、ふっと頭に蘇った。

「ああ、○○○○!」

思わず口に出してしまいそうになる。
いくらひねっても出てこなかったものが、
どうして、何のきっかけで、こうして出てくるのか。

それにしても、よく出てきたものだ。
人間の記憶って本当に不思議だな。
そんなことを考えながら、試験終了の時間を迎えた。

なんか気が抜けてボーッとしながらも、
最終任務報告書のための参考資料を探しに図書館に寄った。
小一時間探して、2冊借りて任務地を後にした。

この寒空に、釣り堀は予想外の賑わいだった。
だが、残念ながら今日は寄ってく暇はない。
家でたんまりと片付け作業が待っているのだ。

また暖かくなったら来てみようかな。


帰りの電車の中でも、ずっとボーッとしていた。
不思議と眠気はなかったが、思考能力が10%くらいに落ちた感じ。
途中でふと思い出して試験問題と勉強した内容を照らし合わせてみる。

書き漏らしたことがあったのがわかって、やや落ち込む。
最後の試験、最高評価を目標にやったが、
もしかしたら、ダメかも知れない。

あれだけ繰り返しやったことが、なんで出てこなかったのか。
やっぱり、人間の記憶って不思議だ。
っていうか、おれの記憶力の問題か。

任務最後の試験は、悔いのないものには出来なかったが、
これもこれで、まあ、らしいと言えばらしい。
何度となく受けてきた試験、いろんな思いがあった。

今日の最後の試験は、
そんな過去を象徴するのようなものだったのかも。
そんなことを、ボーッとした頭で考えていた。


家に着いたら女房が一人で悪戦苦闘中。
ほっと一息つく暇もなく参戦、片付け開始。
夕方まで、ほとんど無言で作業を進めた。


夜はいつもの焼肉屋さんで御苦労さん。
昨夜我慢したビールをグビグビ飲んで、
焼肉たくさん食べて、珍しく石焼きカルビカレーまで食べた。


任務最後の試験の日が、静かに終わりに向かって行った。


<今日の練習内容>
オフ。

<今日のデータ>
今日の走行距離         0.0km。
今日まで           88.5km。
平均            14.7km/日

キト:S×4,P×0, tu=0,TT=0。


×


bb22
ab
bd12
ad
ff83
on0*6
fr13*25
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<12/07(月) 前人未到の快挙。 | 月下独走 | 12/06(日) 新しい朝。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪