05/27(水) ピンチをチャンスに。
2015-05-27 Wed 23:37
今日走れるようなら昼にビルドアップを頑張ろうと考えていた。
ただ、夜には富士森練習会もあるし、温存しようかとも思ったが、
そんな思惑はどちらもあてが外れて、今日も走り出すとモモさんからNGが出た。

普通に歩いている時はまったく気にならないモモさんの痛みが、
階段を上がる時にはちょっと痛み、ゆっくりでいいからと走り出すと、
これは止めた方がいいな、と思うくらいの痛みを感じる。

モモさんは、いわゆる内転筋と呼ばれる辺りで、
今はちょっと厄介かもな、という気がしてきて焦っているが、
最初は少し楽観視し過ぎていたところがあった。

元々モモさんは、結構、気まぐれなところがあって、
急に痛み出したと思えば、翌日には治っていたり、
そういうヤツだから、長引くことはないなと思っていたのだ。

でも、いつもと微妙に位置がずれている気もするし、
そのせいか、いつもと違った痛みにも思える。


実は、今日の富士森練習会メニューの5000TTで、
スカッと16分台で走って、その勢いで山中湖へ、なんて色気もあった。
だけど、当然のことながら今日練習するのは到底無理。

そればかりか、この調子だとレース前に練習するのだって怪しいし、
そもそも、レースを走れるのかという不安さえある。
もちろん、練習会は休んで、代わりに接骨院に行った。

治療を施してもらった後は、かなり痛みが和らいでいて、
ゆっくりなら走れそうだったが、走らなかった。

またまた本番レースを前にして、相も変わらず
痛い、痛いって、読んでる方は飽き飽きするだろうけど、
おれも嫌になるし、めげそうになる。

だけど、こうなってしまったのは仕方ないし、
確かにピンチはピンチなんだけど、後ろ向きに考えても状況は変わらない。
開き直って、このピンチを良い方に考えるしかない。


もし、モモさんの痛みがなかったら、ガンガン走ってたろうし、
今日だって、全力で追い込んで、もがき倒していたことだろう。
それで良いタイムが出せていたら自信にもなったろうけど、
期待していたほどでなかったら、逆に自信を無くしていた。

どっちにしても、ダメージは本番までに100%は抜けきらない。
それでも痛みが無ければさらに走り込んだに違いない。
筋肉疲労を抱えて、身体も疲れが取れず、
ハムの痛みも相も変わらずなまま当日を迎えただろう。


昨日、今日と走らなかったお陰でだいぶ疲れが取れた。
ハムの痛みは変わらないが、レースまでには回復する見込みはある。
もしも普通に走れていたら、痛みレベル7とかで走らなければならなかったかも知れない。

練習できない不安はあるが、その分、身体は確実に良い状態に向かっている。
レース当日、どこにも痛みがなく、筋肉疲労もゼロで気持ち良くレースを走れたら、
それが一番、良い結果をもたらせてくれるかも。

ピンチをチャンスに変えるということは、
言うほど簡単ではないけれど、悪いように考えても仕方ないから、
この状況を良い方に捉えて、プラス思考でレースに挑みたい。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
速歩き。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離         0.0km。
今日まで          385.5km。
平均               14.2km/日

キト:S×7.P×0,tu=3,TT=0。


○ cm×2


bb89
ab
bd82
ad
ff30
on26*0
fr27*0
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<05/28(木) 変化なし。 | 月下独走 | 05/26(火) 怪我の功名。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪