06/19(木) インターバル考。
2014-06-19 Thu 23:31
今日のあんぱんラン、ではなく、昼ランは、
試しに600のインターバルをやってみた。
やってみたら、やっぱりな、と納得した。

400のインターバルも、フォームに気をつけて、
無理し過ぎないレベルでやっているうちは良いんだけど、
慣れてきたらそれでは負荷が軽すぎて練習効果が薄く感じてくるから、
当然スピードを上げることに意識が向く。

結果、普段のレースでは出さないようなペースになり、
フォームよりもタイム重視で力任せに走ってしまうが、
全開走でも距離が短いから問題なく耐えられてしまう。

これを600にシフトすると、たかだか200メートル延びただけだけど、
400と同じ調子でがむしゃらに走ってたら途中で失速してしまうので、
ペースを落とさないためには、何か工夫をしようという意識が芽生える。

正しいフォームを意識し、力任せに蹴ったりしなくなる。
そのぶん、足の運びを速くしたり、着地の角度とか腕振りとか、
最善は何か、ということを考えるようになる。

それはとりもなおさず、自分が楽に走るために、なんだけど、
これって、本番のレースを意識したら大事なことだよね。
皆さんも、まあ目的とするレースの距離にもよりますが、今日はっきりしました。

ショートインターバルはオススメしません。
というより、追い込む意識はいいとして、その上で、
タイムを縮めることを目的とするよりも、
同じペースで距離を延ばしていくのが正しいようです。

自分にとって、どのくらいの距離がショートか、
それは人によってまちまちだと思うけど、
あまり本番レースとかけ離れたペースで走れちゃうのであれば、
それはショート過ぎると言っていいのかも知れないよ。

だから、フルマラソンを目標とする人なら、
そもそもインターバル自体必要ないと言えるかも。
っていうか、悪い影響の方が大きいのでは、とさえ思えてきたね。

おれは、もう400とかやらないようにしようと思う。
そして、もちろん600だって慣れたら同じことだ。
がむしゃらに走って走れちゃうのであれば、次を考えた方がいい。


なんてね。
世紀の大発見みたいに語っちゃったけど、
今さら何言ってんだよって呆れてるひと多数?

お前、何年走ってんだよってか。


どうもすいません。

<今日の練習内容>
(昼ラン)
(アップ)0.8km
(本練習) 600(200)mx5(インターバル)

(帰宅ラン)
会社から、18.0km。(立日橋経由) 1'36

<今日のデータ>
今日の走行距離      24.5k m。
今日まで          244.5k m。
平均             12.8km/日

キト:S×5,P×1。


△map,gt


bb03
ab
bd79
ad
ff18
on5*19
fr2*44
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<06/20(金) レディースのオッサン。 | 月下独走 | 06/18(水) 徐々に。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪