FC2ブログ
 
03/30(土) MxKディスタンスチャレンジin代々木。
2019-03-30 Sat 23:37
朝の計量、59.3kg、かつしかふれあいRUNからほぼ変わらず。
昨晩の就寝は12時過ぎていたが、今日はスタートが15時35と遅いから
まったく気にしなかったのが良かったか普段よりよく眠れた気がする。

COCOの散歩を終えてゆっくり朝食。
出発を12時と決めて、のんびりストレッチをしながら少しウトウト。
予定通り12時に出発、12時19分の新宿行きに乗車。

原宿駅はものすごい人でごった返していた。

明治神宮や代々木公園もたくさんの人で賑わっていた。


人生初、聖地と呼ばれる織田フィールドに足を踏み入れる。


スタートまで時間はたっぷりあるので、ゆっくり準備、ゆっくりアップ開始。
いつになく緊張しているのは初めての織田フィールドだからか、
あるいはビリになりたくないプレッシャーのせいか。

アップの途中、トヤマックスと会って話すと少し緊張が解れた。
トヤマックスはおれの一つ前、1500へ出走。
お互いの健闘を違い合う。


トヤマックス以外、知り合いはいないと思っていたが、
非公認の5000にナンバさんが先頭グループで走るのを発見。
16'21というタイムに超刺激をもらった。

すぐ前の公認の1500にはトヤマックスと並んでアリマさんも。
二人の快走にも刺激をもらって、いよいよ自分のスタート。

16'40のペースメーカー、サイラス・ジュイ選手に着いていくことにしたが、
サイラス・ジュイ選手は外側スタートの組に、
おれは内側スタートの組の、しかも2列めで、なんとなく嫌な予感。



スタートすると嫌な予感的中で、遅めの集団の中にすっぽり入ってしまい
サイラス・ジュイ選手は遥か先に行ってしまった。
焦っていると2周目に入ったところで大トラブル発生。

後ろの選手に足を踏まれて前のめり。
この時は「転倒した、終わったな」と思った。
超ピンチ状態だったが自分でも驚くくらい必死に耐え、ついに耐え切った。

しかし、バランスを崩した時に前の選手の背中に手がかかり
見事に?ゼッケンを剥がし取ってしまった。
(この選手にはゴール後に謝罪、笑顔でお許し頂いた)



ピンチを乗り切ってホッとしたが、状況変わらず。
17分のペースメーカーが引っ張る集団の後方の位置。
苦しい状況だったが、トヤマックスの「走れてる!すごくいい!」という声に冷静になれた。



少しずつ順位を上げて17分ペースメーカーのすぐ後ろの位置。
このまま行こうかとも思ったが、脚が動いていたので前に出た。
ここからは落ちてくる選手を一人一人拾いながら前を追った。

「サイラス・ジュイまで行ける!」というトヤマックスの声に勇気をもらい
ひたすら前に前にという意識で最後まで集中して走ることができた。
苦しいは苦しかったが、5000が意外と短く感じられた。



最後、「赤いランパンまで!」と言われて前を見ると50メートル先。
さすがに無理だよと思ったが必死に追ったら抜くことができた。



ありがとう。



帰りもトヤマックスと一緒に立川まで。
いろんな話ができて超楽しかった!
二人でこんなに話したのは初めてじゃないかな。


その後高尾の温泉で家族と合流。
レースを振り返りながらの高尾山温泉は格別に気持ち良かった。





デニーズのパフェで〆。


いい1日だったな。


本当にありがとう。


<今日の練習内容>
(記録会)
(アップ)
5km。

(記録会)
MxKディスタンスチャレンジin代々木

~1000  3'21'80
~3000  6'45'95
~4000  3'21'57
~5000  3'16'80  16'45'9(3'21'18/km)

(ダウン)
2km。

<今日のひろさん>
今日の走行距離           12.0km。
今日まで             319.5km。
平均               10.6km/日

キト: S×4.P×0,tu=0,TT=0,pb=0。





bb93
ab
bd00→95
ad
ff15
on9*30
fr28*11
C310 1500
別窓 | レース | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 | NEXT

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪