03/15(水) オーバートレーニング。
2017-03-15 Wed 23:31
相変わらず腰に嫌な痛みがあるものの、
明らかに昨日よりダメージが抜けたのがわかったので、
今日の昼ランは昨日より少しでもペースを上げようと思っていた。

ところが、いざ走り出すとまったくスピードに乗れない。
それどころか、周回を重ねるほどにペースを維持するのさえツラくなっていく。
必死で脚を動かし、ハアハア、ゼイゼイもがいてもペースは上がらず。

このペースでこんな状態に陥るのは異常だ。
走るほどに遅くなる。走るのがツラくなる。
こういうことは以前にも経験している。


40歳代最後の青梅マラソン前、それまで以上に負荷の高い練習してきたはずが、
大会直前になって、どういうわけかまったくタイムが上がらなくなってしまった。
焦って、さらにきつい練習をしたが、タイムは上がるどころか落ちる一方。

その少し前から時おりフラフラするような感じがあった。
典型的なオーバートレーニング症候群の症状であった。
症状が悪化して初めて事の重大さを自覚し、
慌てて練習を中止、病院で点滴を打ってもらったりしたが症状は改善されず、
結局、40歳代最後の青梅マラソンを棒にふってしまった。


今はトレーニング量こそ少ないが、青梅、東京と
身体を酷使した疲労が抜けてないことは先日の尊徳マラソンで明らかだ。
さすがにこの歳になると昔みたいに無理がきかない。

だから、目先のレースのために焦って練習しても逆効果で、
ここで無理をしたらまた大事なレースを不本意な結果に終わらせることになる。

決して同じ轍を踏むわけにはいかない。
26日には10キロレースがあるが、あまり結果にこだわらず、
今は先を見据えた、無理のない練習をしていきたい。

というわけで、今日も練習会はお休み。
言っておくけど、WBC観たいからってわけじゃないよ。
もちろん、観たは観たけどね。

あらためて、小林のラッキーボーイぶりはすごいね。
ショボいバッティングとボーンヘッドまで
日本にとって良い方向に転がっちゃうんだもん。

だけど、決勝ラウンドはラッキーだけじゃ通じない。
あまり調子に乗って勘違いしないようにして欲しいな。
今まで通り、謙虚にやってもらいたいものだね。


おやすみなさい。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
6.3km(1050mコース6周) ペース走。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離          6.5km。
今日まで            92.0km。
平均                6.1km/日

キト: S×12,P×0, tu=0,TT=0。


△cm×2


bb18
ab
bd20
ad
ff13
on10*15
fr29*10
別窓 | 健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪