02/23(木) 青梅の優勝は特別、という話。
2017-02-23 Thu 23:08
昨日のダメージもあるし、外は寒そうだし、
午後からは狭山の事業所に行かないとならないしで、
昼ランは休みたかったのだけど、明日も走れないから、
シューズの慣らしをやるために嫌々走ることにした。

脚のあちこちが痛くてまともに走れないだろうと思っていたが、
ジョグ程度なら全然問題なかったし、そのジョグも
4分半を切るとこまで自然とペースが上がったので走って正解だった。

帰宅ランはなし。
今日はいつもよりちょっと遅くなったけど、
今月はちょっと遅くなると、ちょっとイイことになる。


いつもは回数券(10枚で8000円)を使うのだけど、
これなら回数券より安い。

今日もぬくぬく、気持ち良かった。


さて、東京も近いというのに、いつまでも青梅ネタで悪いけど、
青梅の優勝は特別なんだな、ということをあらためて感じた、
そういうエピソードを。


青梅マラソンの2日後、高校時代の友人から久しぶりにメールが届いた。
高校生の時、おれはテニス部に所属していて(意外だろうけど)、
メールをくれたのはテニス部の同期の女子からだった。

女子と言っても、おれと同期なわけだから女の子だったのは昔の話で、
今は押しも押されもしない立派なオバサンなわけだけど、
自分の感覚の中では、いつまで経っても女子は女子なんだよな。

その女子(昔のだけど)がメールしてきた要件というのは、思いもよらず
「青梅マラソン優勝おめでとう!すごいね!」であった。


テニス部の同期の女子(昔のだけど)でLINEのグループがあるそうで、
同期の女子(昔のだけど)のひとりがネットニュースで知ったとかで、
おれの写真つきでLINEにアップしたとのこと。

女子(昔のだけど)のLINEグループで、
「いそまくん、すごいね~!」
と、すごく盛り上がったのだそうだ。

女子(昔のだけど)の間で噂になるというのは、
この歳になっても嬉しいものですよ。
そりゃそうでしょ。当然ですよ。

「いそまくんって、昔もカッコよかったけど、今も超カッコイイよね!」
って、誰かが言ったかどうかは知らないよ、知らないけどさ、
そういうのあるかもな、なんて想像すると、なんかニヤけるよな~。

あー、青梅優勝して良かった。



そんな感じです。

おやすみなさい。


<今日の練習内容>
(昼休みラン)
5.2km(1050mコース5周) ジョグ。5'00~4'20

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離          5.5km。
今日まで            278.5km。
平均               12.1km/日

キト: S×11,P×0, tu=0,TT=0。


◎krmp、ft


bb94
ab
bd91→74
ad
ff5
on5*23
fr29*13
(極)
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪