07/31(金) 和解。
2015-07-31 Fri 23:40
ハムの状態はこの1週間で1番よくない。
外は相変わらずの暑さだし、毎度のようにテンションは超低いけど、
帰宅ランできない間は昼ランを休まないと決めていたので、渋々走ることにした。

ただし、嫌々やっても練習にならないし、
練習にならないなら何のためにやるかわからないので、
走る前にストレッチをしながら気持ちを入れ直した。


話は変わるが、ちょっと前に息子の夢を見た。
夢の中で、おれは息子に最悪の言葉を浴びせられたのだった。

「オヤジはキモイ! だから、おれは前々からオヤジのことが大嫌いだったんだ!!」

おれは息子のことを殴ってやりたいくらい頭にきたが、
ここで殴ったらおれの負けだと、なぜかそんなふうに思って我慢した。
我慢したことで、どうにもこうにも、やるせなくて仕方なかった。

目が覚めてからも腹の虫が治まらなかったので、
「お前は夢の中でこんなひどいこと言ったんだぞ!」
と文句を言ってやったら、息子は微妙な顔で苦笑いをしていた。


今日は任務の後に、神田まで通っている息子と新宿で待ち合わせして二人飲みした。
夢の中でおれにひどいことを言ったのを気にしてか、
息子の方から「飲もう」と誘ってきたのだ。

息子は恐らくおれと和解したかったのだろう。
そう言えば、ちょっと前に夏になると思い出すことがあると書いたが、
その思い出に引き出されるように、志賀直哉の小説『和解』を思い浮かべる。

『和解』は、志賀自身が長年わだかまっていた父親と和解するまでを描いた私小説だ。
なぜ『和解』を思い浮かべるかという話は長くなるのでそれは今度にする。
とりあえず『和解』という小説は、とても良い小説で好きだ。

今日のところは、この話はここまで。


任務は21時40分までだったので、息子と合流できたのは22時過ぎだった。
場所は息子が選んでくれた、広島風お好み焼きの店。
あまり飲まない息子らしいセレクトだ。

広告代理店の営業をしている息子、いつも帰宅時間はおれが寝た後だ。
昨夜も夜中の2時過ぎまでマックで資料作りをしていたらしい。
今日はプレゼンで、100%使い果たしたみたいな表情をしていた。

疲れた顔にも、やり切った充実感が宿っていた。


甘えん坊だったサッカー少年も、
気がつけば、立派な青年だ。
どこに出しても、おれは少しも恥ずかしくない。

そういう大人に成長してくれた。


帰宅は最終の高尾山口行き。



もしも…






もしも君に、リアルに「大嫌い」と言われたら、
きっとおれはこの先、何の価値もない人生を送ることになるのだろう。
君と二人飲みができる関係だというだけで、おれは幸せな男なのだろうと思う。



今夜はありがとう。
楽しい夜だった。

近いうちにまた飲もう。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
5.2km(1050mコース5周) インタービル 。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離         5.5km。
今日まで          292.0km。
平均              9.4km/日

キト:S×7,P×0,tu=0,TT=0。


△cm×2


bb28
ab
bd11
ad
ff53
on5*31
fr03*43
別窓 | 息子 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 | NEXT

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪