FC2ブログ
 
02/16(月) もう青梅マラソン優勝は諦めました。
2015-02-16 Mon 22:45
青梅マラソンが終わった日の夜、毎年の恒例となってしまったこと。
家族での楽しい食事のあと、酔いが覚めてくると、
なぜ、どうして、という疑問が頭のなかでぐるぐると巡る。

悶々として眠れないままに巡らせる思いは、
「どうしておれは青梅マラソンで勝てないのか」、ということ。
堂々巡りの疑問は、朝になっても答えなどみつかるはずもない。


そんな昨日のことを。

朝起きた時、ハム&背中の調子がここ数日でも特に悪いということがわかってガッカリ。
朝食の際に1錠、痛み止めの薬を飲んだが、あまり軽減されず。
青梅に向かう車の中でさらに痛みが気になり、もう1錠。

このままでは出走も無理、という焦りから、薬に頼らざるを得なかったが、
後から考えたら、これは正に負のスパイラルであった。
10キロの応援後のアップでも痛みがあって、さらにもう1錠飲んでレースに挑んだ。

スタート前、息子が撮ってくれた。
後で息子が言っていた「すごく情けない顔」。
確かにその通り。


完走できるかどうか、よほど不安だったのか、
あるいは痛み止めで頭がボーっとしていたのか。

スタートの号砲とともに走り出すと、薬のせいか体が鉛のように重く、まったく動いてくれない。
キロヨンのペースでも、かなり無理している感じだった。
8キロあたりからはいっそう痛みがひどくなって、とても走りきれそうもなかった。

スピードが鈍り、どんどん抜かされていく。
悔しいが、どうにもならなかった。

折り返しの手前、川井で女房と息子が応援してくれていたので、
そこでリタイヤし、一緒に電車で帰ろうと考えた。
折り返す前に二人の前を通った時、女房が「3位」と教えてくれた。

こんな状態だけど、それでも年代3番手にはつけているらしい。
序盤からNECのOさんが先行していて、途中で前回覇者のNさんが抜いて行ったので、おれはその次か。
痛みはあるが、レースとしては自分が思うほど絶望的な状況ではないようだ。

ここでリタイヤしたら、また来年も後のブロックからのスタートになるだろう。
今年、年代入賞しておけば、一番前のブロックに入れる。
今年の優勝の可能性はなくなったが、来年に繋げることはできる。

そんなことを考えた。

これも息子が撮ってくれた写真。
頼んでおいたOS1とパワーシェルを女房から受けとるところ。


折り返してからは、すれ違うたくさんの走友から声をかけてもらい、
それが力になり、痛みをやわらげてくれた。
沿道から応援してくれる仲間もいて、気持ちは100%完走に変わっていた。

途中一緒だったランナーと会話したり、太鼓の応援に元気をもらったり、
痛みは相変わらずだったが、意識は真っ直ぐゴールに向いていた。
ここまで上り坂で特に痛みが出ていたから、二俣尾手前の激坂はどうなることかと思ったが、
意外と走れて、この区間としてはタイムもまずまずだった。

薬が切れたのか、この辺りでようやく体が動き始めてくれたようだった。
一方、ハムの痛みは麻痺してしまったのか、あまり気にならなくなった。
宮ノ平を過ぎてからは、ほとんど下りだったから、余計に動きが良くなった。




(photo by みっちゃん)

ラスト5キロだけ、納得できる走りができた。
タイムも順位もよくなかったが、今の自分ができる最大限は出し切れたと思う。
この最低最悪のコンディションで、1'56'47で年代5位、総合で128位は
リタイヤも考えたレースにしては粘れたのではないか。

ただ、それだけに、余計に「なぜ、どうして」という疑問は尽きない。
昨日は多くの走友が結果を残したから、なおさら考えてしまう。
どうしておれは青梅で勝てないのだろう。
どうして毎年毎年、同じ思いを繰り返すのだろう。

けれど、いくら考えたって結果が変わるわけではない。
過去はどう頑張ったって変えることはできないのだから。

もう青梅マラソン優勝は諦めました。

そう言えたら、ある意味スッキリするのかも知れない。
そういう風に開き直れないところが自分の悪いところなのかも。
けれど、不器用なようだけど、また一年、しつこく青梅の優勝を目標に頑張る。

来年の青梅に向けて、また1日1日を積み重ねていく以外に自分には道はない。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離         0.0km。
今日まで           208.5km。
平均                13.0km/日

キト:S×0,P×0。


○cs


bb31
ab
bd28
ad
ff13
on0*16
fr18*13
別窓 | レースレポート | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪