FC2ブログ
 
12/23(火) 第5回 足立フレンドリーマラソン。
2014-12-23 Tue 07:34
朝の計量、63.1kg、小川和紙から10日で約1kg増。
一昨日の焼肉食べ放題、ビール飲み放題がきいてるな。
焼肉たらふく食べて、ビビンバ丼、カレーライス、卵かけごはんまで食べた。

あの日は、今日のレースは走れないだろうと思っていた。
今朝起きて様子をみると、走れる状態ではある。
ただ、走っていいのかどうかと言えば、わからない。

たぶん、走らないのが正解なんだろう。
アップをしてみて、ダメそうなら走らない。
でも、おそらくスタートはするだろうと思う。

今朝は普段の日と同じ、6時にかけた目覚ましで6時10分に起きた。
7時ちょっと過ぎに家を出て、息子に送ってもらって、
7時19分の特急新宿行きに乗った。



どんな1日になるか、まったくわからないけど、
もし走るなら、年代優勝を目標に全力でゴールを目指す。
走らないなら、仲間を全力で応援したい。


ここまで大会会場に向かう電車内にて。

***************************************************************

北千住の駅を出ると、風が強く吹いていた。


メチャメチャ天気いいけど、やっぱり風が気になる。


アップをしてみて、やはりハム・モモ・ヒザの新・隠し砦の三悪人が気になる。
新・三悪人を入念なテーピングで一時的に黙らせて、年代優勝を目指して頑張ることにした。
走るからには、覚悟を決めてやりまっせ。


資料画像:映画『隠し砦の三悪人』黒沢明 監督作品。


11時、スタート!


スタートしてすぐ、今年の山中湖ロードレースで負けたO川さんが軽く抜いていった。
相変わらず調子は良さそう。羨ましい。
今日の年代優勝は難しいなと、いきなり弱気になる。

しかし、おれだって覚悟を決めて走ってるんだ。
そう簡単にはおめおめと引き下がるわけにはいかないよ。
そんなふうに思い直して、O川さんと同じ集団の後方にしがみついて走る。

最初の5キロの折り返しまでは向かい風で、
なかなかペースが上がらない集団でもきつく感じた。
折り返しを過ぎると、O川さんはスピードを上げて集団を抜け出した。

おそらく3分半をちょっと切るペースだったが、
追い風を考えればそれほど速いペースではない。
しかし、残念ながら今日のところは着いて行く足がなかった。

追い風ではあるけどペースが上がらないということは
実際にはペースダウンしているのだというのはちゃんと自覚していた。
会場まで戻れば半分の距離だけど、この時点でかなり足にきていた。

しかし、思いがけずにyukkoさんからの応援にビックリ、
さらに、柏の40代スピードランナーのY田さんからも応援してもらい、
力をもらって、集中を切らすことなく後半に入ることができた。

11キロ付近で「スカイツリーが真横に見えたら折り返しだよー♪」
とマイクで繰り返し教えてくれているオジサンがいて、それから先は
何度もスカイツリーを見ながら、早く真横に来てくれないかと思いながら走っていた。

16キロを過ぎてようやく折り返し。
年代トップのO川さんとは、500メートル以上離されてしまった。
折り返して後続を見ると、それほど離れてない位置に年代3番手の選手が迫ってきていた。

気を抜いたらすぐに追いつかれてしまう距離。
優勝できなくとも、2位と3位では大違いなので、ここが最後の踏ん張りどころと思って、
若い選手に引っ張ってもらうようにして必死で足を動かした。

一度、土手に上がって下りるところがあって、そこでも後続を確認できるのだけど、
3番手の選手は、折り返しで見た時より距離を縮めてきているのがわかった。
残りの距離は3キロちょっと、ここで抜かれたら正直悔しい。

向かい風を受けながら、三悪人が大暴れしそうになりながらも、
必死で足を動かし、腕を振ってスピードを維持しようとした。
しかし、もがくほどに疲労は蓄積し、スピードは一向に上がらなかった。

同じハーフに出ていた走ろう会のO塚さんにすれ違いざま声をかけてもらって、
もうほとんどない気力の残りを絞り出すようにして走った。
最後の1キロは粘ったが、ゴール手前で振り向くと3番手の選手はすぐ後ろ。

さすがにゴール前で差されるという失態は何がなんでも阻止したかったので、
三悪人よ、どうにでもなれ!とばかりに最後のスパート。
かろうじて年代2位のポジションはゲットした。


年代優勝はならず、またしても2位。
今の状態ではこれが精一杯で、出し切った感じはあったので、
走れない毎日を思えば、悔しいながらも満足感はあった。



出し切ってしまったので、すかさず補給。


今川焼、あるとどうしても買ってしまう。




カレーパンはこんな始末に。


レースで力を出し切り、ビールを飲んでいい気分だった。
ところが、またしても計測のトラブルで一気に気分がしぼんでしまうことになった。
今日は年代表彰がないということで、賞状と記念品を受け取りにいったら、おれのがない。

残っているのはO川さんの賞状だけ。
係りのひとに「自分の賞状がない」と言うと怪訝な顔をされた。
3位までの結果を見せてもらったら、おれの名前がなかった。

自分は2位と書いてあるひとより先にゴールしている、というと、
明らかにおれのことを疑うようなことを言われてしまった。
なんだか、すごく悲しい気持ちになってしまった。

こんなひどい仕打ちってあるのか。

あれだけ一生懸命走って、痛みに耐えながら、最後の最後まで力を出し切って、
それは賞状や記念品のためではなかったけれど、今日のこと全部をひっくるめて
頑張ったことすべて無かったことにされたみたいで、とても残念だった。

どうやら計測のトラブルがあったようで、他の年代でも順位が違ったりしたみたい。
でも、なんかもうどうでも良くなって、賞状も記念品もないまま帰宅の途についた。
なんだか、今年最後のレースは、今年を象徴するような結末になった。

で、悪いことは重なるもので、女房と息子と外食していたら、
スマホがまったく操作不能になってしまった。
明日、ドコモショップに行かなければ。

なんだか本当に冴えない1日になったけど、
それでもいくつも良いことがあったことは間違いない。
走る仲間に応援してもらったこともそのひとつだし、
力を出し切って、久しぶりにまともに走ることができた。
それから、今日は息子が夕飯を奢ってくれて、楽しい夕食だった。

その良いことを思い出しながら、今日は寝るとします。

おうやすみなさい。


<今日の練習内容>
(大会) 第5回 足立フレンドリーマラソン。
(アップ)
3.0km 

(本練習)  21km(レース)

ハーフマラソン男子50歳代 1'18'29 第2位。(総合第?位)

0~1km   3'31'97
1~2km   3'31'81
2~3km   3'38'96
3~4km   3'37'42
4~5km   3'40'00  18'00'16(3'36'03/km)
5~6km   3'37'56
6~7km   3'37'06
7~8km   3'39'03
8~9km   3'35'53
9~10km   3'42'38  36'11'72(3'37'17/km)
10~12km  7'20'07
12~13km  3'44'99
13~14km  3'54'50
14~15km  3'48'33  54'59'61(3'39'97/km)
15~16km  3'49'98
16~17km  3'47'29
17~18km  3'54'63
18~19km  3'55'40
19~20km  3'55'02
 ~finish   4'07'60   1'18'29'53(3'43'22/km)

(ダウン)
2.0km 

<今日のデータ>
今日の走行距離        26.0km。
今日まで             92.5km。
平均                 4.0km/日

キト:S×0,P×0。





bb31
ab
bd24
ad
ff62
on1*22
fr14*20
別窓 | レース | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪