FC2ブログ
 
12/09(火) Mission Impossible.
2014-12-09 Tue 23:00
昼だけしか走らないし、それも不整地のゆっくりジョグだけだから、
ハム・甲・モモの三兄弟の悪党ぶりも、ここのところ迫力を無くしつつある。
いやいや、いいことだ。

ちょっと前のおれなら、このくらいの状態であれば、
なんの気にもしないで練習していたところだ。
だが、まだまだ練習再開はしない。

日曜日の小川和紙に出るかは微妙なところだが、
走るにしても無理だけはしないつもり。
景色を楽しみながらのファンランになるだろう。

この度、和紙がめでたく世界遺産に登録されたから、
きっと例年以上に盛り上がるに違いない。
タイムや順位を気にしないで走るのも、たまにはいい。


さて、話は変わって…

おれはよくモノをなくすからなのか、自分でもよくモノを拾う。
昨日も帰りに財布を拾ってしまった。
落ちている財布を見つけると 、思わず口に出してしまう。

「また見つけちゃったよ」

神様が何のために、こういうとこのバランスをとろうとするのかはわからないけど、
他人に助けられている分、きっちりお返しをしなさい、ということなのか。
しかし、拾った財布を届けるという行為は、案外大変なことだ。

それでも、おれだって拾ってもらって助かったことがたくさんあるだろ。
これは神様がオッチョコPなおれに与えたミッションなんだぞ。
そう言い聞かせて交番に向かった。

交番で住所、名前、電話番号を記入。
それから、「何割か貰える権利がありますが」と聞かれ、「いらない」と答えると、
そのための書類を出されて、そこに署名する。

そのこと自体、大したことはないし、それほど手間でもない。
問題なのは、拾った財布を届けるという行為はリスクも背負う、ということ。
持ち主が「中身が足りない」と言えば、争いに発展しかねないからだ。

こちらは住所も電話番号も曝してるから逃げも隠れもできない。
早い話、そのための住所と電話番号なのだ。以前、お巡りさんがはっきりそう言った。
書くことを拒否しても、お巡りさんは許してくれない。
財布を届けて、はいサヨナラってわけにはいかないのだ。

持ち主が「足りない」と嘘を言うことも考えられるけど、本当に足りない場合だってある。
おれより先に見つけた奴が、中身だけ抜いて捨てた可能性もあるのだ。
実際、おれも中身だけ抜かれたことがある。

でも、おれは拾ってもらって助かったと思ったし、拾った方を疑ったりしなかった。
中身を抜くような奴が交番に届けたりしないと思うからだ。
でも、実際にはトラブルに発展することもあるらしい。

だから、財布を見つけたら知らんぷりしろという人もいるくらい。
なんと世知辛い世の中かと思うけど、それがリスクヘッジというものなのか。
でも、これがオッチョコPなおれのミッションだから仕方がない。

どうかトラブルにならないようにと願うだけだ。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
4.0km(500m不整地8周)

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離         4.0km。
今日まで             33.0km。
平均                3.6km/日

キト:S×3,P×1。


△gt


bb34
ab
bd23
ad
ff54
on2*9
fr14*22
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪