FC2ブログ
 
09/13(金) 最後の日。
2013-09-13 Fri 22:00
この夏、二ヶ月以上続けた連続練習は体調不良によって途切れたが、
もしもあれが夏休み中でなかったら、無理にでも続けていたかもしれない。
いや、間違いなく続けていた。今日の昼ランを走りながら、おれはそう確信した。


今日はKATUさんと走る最後の昼ランだった。
明日からの連休中に60歳になり、定年を迎えるKATUさんの、
今日が最後の出勤日だったのだ。

これまで、何度KATUさんと昼ランを走っただろうか。
実際にはおれが外周を走ってKATUさんがトラックを走ったり、
またはその逆だったり、同じトラックでもまるで別々に走ったりだったから、
一緒に並走することはほとんどなかった。

だけど、それでも一緒に練習しているという意識は当然あった。
それがおれの力になっていたことはあらためて言うまでもないだろう。
今日まで昼に公園に出れば当たり前のようあったKATUさんの姿を、
ふたたび当たり前のように見つけることは二度とないのだ。


「昼ランを走るのも、数えたらもう数十日しか無いんだよ」
という話を、以前KATUさんから聞いた時、KATUさんの昼ラン最後の日まで
出来る限り昼ランを休まないと決めた。

そのことが、連続練習の一番のモチベーションになったことは間違いない。
だから、体調不良になったのが、もし普段の日であったなら、
おれはきっと、無理にでも昼ランを走っただろうと思うのだ。

もう数十日しか無い、と聞いた日から、
あっという間に今日、最後の日がやって来てしまった。
自分の身の回りに当たり前のように存在していたものが、
ある日、スッバリと切り取ったように消えて無くなってしまう。

おれがいくら「一生のお願い」と神様に頼んでみても、
今までのようにKATUさんと昼ランを走る日は、二度と訪れない。
来週からは、この公園のどこを探してもKATUさんの姿はないのだ。

最後の今日は、KATUさんと一緒に昼ランを走ると決めていた。
公園に出るとKATUさんは笑って「今日はどっち?」と聞いた。
どっちとはつまり、トラックか外周か。

KATUさんも同じ気持ちでいてくれたことが嬉しかった。
でも、「KATUさんに合わせます。今日は一緒に走らせて下さい」と言うおれに、
KATUさんは、「トラック1周だけでいいんだよ」と笑った。

KATUさんと並んでトラック1周走って、
KATUさんが持ってきたデジカメでKATUさんがおれを撮り、
次におれがKATUさんを撮り、そして、
近くにいた大学生に頼んで、ふたり並んで撮ってもらった。

そのあとも、最後まで一緒に走ろうと思っていたけど、やめた。
おれは外周を走り、KATUさんはトラックを走った。
時折、KATUさんはデジカメでいろいろ写しているようだった。

写しながら、最後の昼ランを
ひとり噛み締めていたのだろう。
それで良かったんだと、あらためて思った。


「最後の日」。

それは、
いつかおれにも来る。
最後の昼ラン。
最後の帰宅ラン。

今は遠い先に思えても、
その「最後の日」が来ることは、
100%間違いのない事実。

同じように、
人生最後のレース、
人生最後のラン。

その日だって、
いつか必ずやって来る。
間違いなく、いつかは訪れるのだ。


おれがあまり休まずに走ることを心配してくれる走友がいる。
休養も練習のうち。そうアドバイスしてくれる先輩もいる。
確かに、適度な休養が練習の質を上げることはよくわかっているつもりだ。

でも、人生には限りがある。
限りある人生の中で、いったいあと何日走ることができるか。
その日数にだって、限りがある。

1日が終われば、残りの人生が1日減る。
それは至って当たり前のことで、
同じように走れる日も1日減る。

人生最後の日まで、
あと何日走れるだろう。
つい、そんなことを考えてしまう。


だから、やれるうちは
とことんやればいいんだ、と思う。
どうせそのうち、嫌でもできなくなる日がくるんだ。
それどころか、いつか自分という存在すらなくなる。

その「最後の日」まで、好きなランを、とことんやり切りたい。
できる限り休まずに、1日1日を大切に走りたい。
相変わらずキツイ練習が嫌いなおれだけど、
そのことに打ち勝って、乗り切ってでもやり通してみたい。

誰かに迷惑かけない限り、
自分が納得できるまでやり尽くしたい。
そう思う。

勝つために、
とか
速くなるために、
だけでなく、
ただ単純に、好きなランを
思う存分やり切るために。

いつか必ずやって来る、
最後のその日まで。
たとえ愚か者と
誰かに嘲笑されても…

KATUさんの昼ラン最後の日に、
そんなことを思った。
今日が晴れで、良かったな。


雨の日でも滅多に昼ランを休まなかったKATUさん。
たくさんの大切なことを教えてくれたKATUさん。
今まで本当にありがとうございました。

これからも宜しくお願いします。


<今日の練習内容>
(昼休みラン)
4.0km(トラック1周+1050mコース3周) ジョグ。

(帰宅ラン)
会社から、18.0km。(多摩大橋経由) 1'40

<今日のデータ>
今日の走行距離      22.0km 
今日まで     252.0km。
平均        19.3km/日
体重           63.5kg。
体脂肪率        8.6%

筋ト:S×4,P×1。


×


bb38
ab
bd16
ad
別窓 | 昼ラン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪