11/30(金) 雪は天から送られた手紙。
2012-11-30 Fri 22:42
明日はレースの予定だったけど、
痛恨の入金ミスによりDNS。
…って言うか、DNN(Do not 入金)だな。

レースには出ないけど、応援には行く。
で、公園内をレースっぽく走ろうとも思っている。
来週末はハーフにエントリーしているから、
その練習ができたらいいな。

レースっぽく走ろうと思っているから、
レースじゃないけど、今日は軽め。
昼は不整地ジョグ、帰宅ランはなし。

仕事も7時半には切り上げて電車で帰宅。
このところまた背筋と足低筋が良くないから、
いずれにしても、いったんここで抑えるのは必要だったと思う。

今日はまた一段と寒かったからね。
昼も真冬のような肌寒さでで、
今にも雪が降ってきそうな装いだった。


「雪は天から送られた手紙である」
という言葉を残したのは、物理学者の中谷宇吉郎。
人工雪の製作に世界で初めて成功したひとだ。

はじめ、この言葉を耳にしたとき、
なんとロマンチックな言葉かと思ったが、
雪の結晶を研究する学者としての言葉と知って、
少々がっかりした気持ちがした。

だが、さらに知らべてみるとこの方は随筆家でもあって
科学を一般の人にも分りやすく伝える手段としても
随筆を用いたのだそうだ。

かの言葉も、その意図にそって
まんまとおれの耳に残ったわけだな。
なるほどね。

今年は没後50周年の記念の年だそうだ。
つまり、おれが生まれた年に亡くなられたんだな。
フムフム、そうなんだ。

なんかね、
ますます興味が湧いてきたよ。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
4.0km 不整地走。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離         4.km。 
今日まで      406.0km。
平均             13.5km/日
体重             62.0kg。
体脂肪率         9.5%


筋ト:P×1,Sx7。nc

チト:0
KD:0
3片:〇


×
◎ nr
d
bb07
bd97
ad27
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 | NEXT

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪