FC2ブログ
 
05/17(木) 習慣づけ。
2012-05-17 Thu 22:34
昨日痛みのあった左足の甲が、練習会で悪化させたか
今日は昨日に増して痛く、昼ランは8分/kmで。
早歩きより遅いんじゃないかくらいで3キロだけ。

これが練習になるかといったら、間違いなくならない。
じゃあ、痛いのに走る意味があるのかといったら、
これは間違いなく意味がある。

昼に走るには、一にも二にも習慣づけ。
この習慣に限っては、やるのもやらないのも
三日あれば十分。おれの場合はね。

昨日、午前の会議の片付けと午後の準備で走れなかった。
明日は午前中は狭山で会議、昼休みに東大和移動で走れない。
だから、今日走らないと三日連続で昼ラン無しになる。

いったん走らない習慣がついつしまうと、
億劫になって走るのにかなりのパワーが必要になる。
億劫で走らないと、走らない習慣はさらに定着する。

昼ランの何が億劫かって、走る前の着替えより、
走った後の汗の処理と着替えの方だ。
走ること自体は好きだから、なんてことない。

だから、今日走ったのは、
とても大きな意味があるんだよな。
まあ、他人様にはピンとこない話かも知れないけど。

帰宅ランは、迷わずナシ。
これは痛みに耐えながら走っても、
あんまり意味がないので。

    【2012仙台国際ハーフマラソン大会】     
             【遠征レポート《上り基調の前半戦》】

スタートは切られたものの、とてもまともに走れる状態ではない。
まるでラッシュアワーの新宿駅に降り立った時みたいに、
ちょっとずつノロノロと進む集団に身を任せるしかない。

やっと走り出せたのはスタート地点を越えてから。
それだって、もちろん自分のペースでなんか走れない。
前のランナーを避けながらでもスピードを出せるようになったのは
おそらく、500m過ぎてからではなかったか。

Aブロックのランナーを抜きながら、
おっくんを探そうと考えていたが、その余裕はなかった。
とにかく、接触しないように素早く抜くことに全神経を使った。

1キロ地点の通過は、ちょうど4分かかってしまった。
渋滞のロスもあったが、思った以上に身体が重く、
スピードに乗りきれてないのがわかった。

この辺りまで来ても、まだ周りにはたくさんのランナーがいた。
沿道に女房と息子がいるはずなので、なるべく左側を走る。
2キロ手前で女房の顔が見えた。女房もこちらを見ている。

「ひろさん、頑張れ!」
女房の声に片手を挙げて応える。
息子はカメラを構えていた。

次にふたりが応援してくれるのは、
確か12キロあたりだったはず。
この10キロを頑張って、できるだけ良い位置で喜ばせたい。

足に力が入って、自然とペースが上がった。
3キロ地点までの1キロは、3分26秒。
前半戦は上り基調だから、このタイムは悪くない。

このペースを保てれば目標タイムをクリアできるかも。
沿道には、絶えることなくたくさんの応援。
初めて走る土地でこの応援は本当に有り難い。

東二番通りに入ると、応援の人垣は余計に膨らんだ。
それは、東京マラソンにも劣らない熱い応援だった。
おれのことなんて、ぜんぜん知らない人たちばかりなのに…

そう考えていたところに、
沿道から声がかかった。

「イ○マさ~ん!!」

え、え、えぇーっ!
だれ、だれ、だれっ?! 
おれの名前を呼ぶ、その声は…!!

「イ○マさん、頑張れー!!」

あっ、ノダっちじゃん!
たくさんの人垣の中から、
身を乗り出して叫んでる。

富士森で一緒に汗を流したノダっち。
この春大学を卒業して就職し、
勤務地が地元の仙台になったんだっけ。

そうか、
そうか、そうか!
応援に来てくれたのか!

ノダっち、なんて可愛いヤツ!
駆け寄って抱きしめてやりたかったが、
大事なレースの途中なので、親指を立てて応えた。

「サンキュー、ノダっち!」

東二番通りを左折して青葉通りに入ってしばらく走ると、
周りの景色は次第に喉かな気配をおびだす。
気がつけば周りのランナーも少なくなっていた。

だらだらとした上りが続き、思うようにペースが上がらない。
前方が開けて橋が見えると、一転して下り。
得意の下りで一気にスピードを上げた。

橋の途中に5キロ地点。
ギリギリで17分台だが、目標タイムからだいぶ遅れた。
ここから取り戻していきたいところだが、コースはまたもや上り。

しかも、今度の上りはキツい勾配。
身体が余計に重く感じる。息が切れる。
やたら喉が乾くのは、昨夜の酒のせいか。

一瞬、気持ちが切れそうになる。
苦しくて、スピードを緩めたくなる。
後半のために足を温存した方がいいかな…

弱気心が、顔を覗かせた。


だめだ、だめだ!
1秒の隙もなく、って、
あくまでもアグレッシブに、って、
そう自分自身に誓ったはずだ。

「集中だ、集中、集中!」

そう心の中で繰り返しながら、
キツい坂に挑む気持ちで、
足に力を込めて上って行った。

    【    つづく…   】    

今日は早く帰宅したので、
10キロ地点くらいまで行こう、
という気持ちはあった。

だけど、昨日の練習会の疲れか
眠くて眠くて仕方ない。
思考が鈍って考えもまとまらない。

集中だ、集中、集中!

そう自分に言ってみたところで、
眠気には到底、敵わない。
恐るべし、睡魔。

ということで
今日はこのへんで。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
3.0km(トラック内側) フリージョグ。

(帰宅ラン)
なし。
 
<今日のデータ>
今日の走行距離      3.0km。 
今日まで      253.0km。
平均            14.8km/日
体重             60.2kg。
体脂肪率         6.5%


筋ト:Px5,Sx5。
3片:○
+A:S(+12)15×0。
モー :×


△cm×2

d
bb38
bd25
★【 もがく者さん企画『ATTACK THE 1000』 】★

アタック自己記録 3分06秒54
アタック記録短縮 0分00秒00 
アタック回数  2回。
別窓 | レースレポート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪