FC2ブログ
 
05/15(火) 新鮮な空気。
2012-05-15 Tue 23:26
思った通り、昨日より筋肉痛が増してはいたが、
スピードは上げられないまでも、
走れないということはまったくなかった。

昼休みは、ポツリ、ポツリと降り出した雨の中、
木々の間を縫うように不整地を走っていると、
雨を受けた新緑が新鮮な空気を放って気持ちよかった。

帰宅ランも雨の中。
降りは決して激しくはなかったが気温が低めで、
帰宅する頃には、すっかり身体が冷えていた。

明日は一転して暑いらしい。
体調を崩さないよう注意しよう。
水分補給もしっかり行おう。

    【2012仙台国際ハーフマラソン大会】     
             【遠征レポート《出陣~会場入り》】

ハーフマラソンのスタートは10時05分。
仙台駅に隣接したホテルから会場である陸上競技場まで
40分もあれば着くだろうと見込んではいたが、
余裕をもって7時半にホテルを出発するつもりだった。

駅から近い沿道で応援するという女房と息子は、
まだまだ出発時間までには時間があるから、
おれが出て行ってから支度を始めるつもりのようだ。

7時にはあらかた支度は済んで時間をつぶしていたが、
7時半になっても、どうしても出発する気にならない。
いつにない不安が、自然と腰を重くしていたのだ。

「コンビニで買いたいものがあるから駅まで一緒に行こう」
と女房が言ってくれて、ようやくホテルを出る気になった。
もしあのままだったら、いつになっても出発できなかったかも。


もしかして女房のやつ、
おれの気持ちを見透かしている?


まさか、
そんなはずないな。
ハッタリだけは一丁前のおれ。

見かけだけは、いつどんな時だって、
自信満々、余裕綽々。
たぶん、今日だって…


駅で女房に見送ってもらたあと、歩きで行くか、
それとも電車で行くか、しばし立ち止まって思案した。
歩いても30分弱だろうから、電車の待ち時間を考えたら、
もしかしたら早く着くかもしれないという思いがあった。

だが、時間は十分にあるし荷物は超重い。
できるだけ足を使わないようにと、電車を選んだ。
駅のホームは、ランナーでいっぱいだった。

周りは仲間同士で盛り上がる地元らしき一団。
喧騒の中にひとりいると、不安はいっそう増していく気がした。
遠く離れた土地、見知らぬ人々。

スマホで、自分のマラソンテーマソングとしている、
ラルクの『MY HEART DRAWS A DREAM』を、
ひたすら繰り返し聞いて気持ちを高ぶらせた。

会場に着くと同時にメールが着信した。
見ると、女房からだった。

  subject: 出し切れ~!

  ひろさん、頑張って。
  ひろさんならできる!!
  ファイト !



不安でいたこと、やっぱバレてたか。
まあ、そりゃそうかもな。
25年も一緒にいる仲だから。

ありがとう、
なんて言うのは照れ臭いのて、
一言だけ。

  subject: 応援よろしく!

  やったるぜ!



よーし、
サクッと走って、
サクッと1位とったるか!

ようやく、
いつものハッタリが戻った。

「やったるぜ!」

    【    つづく…   】    

遅々として、とは、まさにこのことか。
肝心のレースが一向にスタートしないで、
まったくイライラするよね。

わかります、すんません。
明日から余計な話は省いて
倍速モードで行きますよ。

今日はこのへんで。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
4.0km(トラック周り不整地) フリージョグ。

(帰宅ラン)
会社から、18.0km。(立日橋経由)

<今日のデータ>
今日の走行距離     22.0km。 
今日まで      234.0km。
平均            15.6km/日
体重             60.2kg。
体脂肪率         6.5%


筋ト:Px7,Sx7。
3片:○
+A:S(+12)15×0。
モー :×

○nt,srs,ms
○cm×2

d
bb21
bd06
★【 もがく者さん企画『ATTACK THE 1000』 】★

アタック自己記録 3分06秒54
アタック記録短縮 0分00秒00 
アタック回数  2回。
別窓 | レースレポート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪