FC2ブログ
 
03/25 ( 日) お遍路八王子35ヵ所めぐり、その11。
2012-03-25 Sun 23:00
走ろう会35周年記念企画の お遍路八王子35ヵ所めぐりも
今回の第11回を含めて残すところ、あと2回。
これまで天気のあやしい日が何度かあったが中止はゼロ。

中止の回があった時のために予備日も設定したが、
運良く使わなくてすみ、どうやら無事に12回を終えられそうだ。
良かった、良かった。

今日も麗らかな日射しの下、30人近くの会員で賑やかに。
きっと、ひまわりみたいに明るい晴れ女のおかげだね。
やっぱり、晴れた日にみんなで行くマラニックは最高に楽しい。

今日の目的地は、西寺方~泉町方面。
楢原から松枝橋を渡り浅川沿いをいく。


この道が、正真正銘の『浅川ゆったりロード』。
浅川だもんね、当たり前だ。


南浅川沿いのサイクリングロードに比べて、
歩くひとも走るひとも少なくて、ほんとに、ゆったりした雰囲気。


周囲の景色も、のどかだね。


春の小川は、さらさら行くね。


こんなすごい橋を渡っていく。


ちょっと、のどか過ぎ?


いやいや。
川面が近くて、しゃがんで覗き込むと、
まるで、川にゆらゆら浮かんでる気分。
なんだかすごく、キモチイイ!


市役所から、わずか5キロ。
のんびり走っても40分もかからない距離。
八王子って、やっぱりいいやね。

満開の梅の花が、見事。



ほどなく、最初の目的地『宝生寺』に到着。


鎌倉末期に創建された大幡観音堂が,
応永32(1425)年に寺になったと伝えら れている。
寺は太平洋戦争で焼失し,戦後に再建された。


近くには、こんな場所も。


少年や家族連れ、若者のグループなどが、楽しそうに釣糸を垂らしていた。

浅川ゆったりロードを戻り、次の目的地は、
泉町の『相即寺』。


天文15年(1546)、忍誉上人が開創。
江戸時代には徳川幕府から御朱 印を受け、
念仏道場として多くの人々が訪れていた。

児童文学作家古世古和子氏が
「家出ねこの謎」「ランドセルをしょっ た地蔵さん」
など童話にも取りあげたランドセル地蔵があるということだか、
到着がみんなよりだいぶ遅れて、拝見することは叶わなかった。

本日最後の目的地は、目と鼻の先にある
大楽寺町の『西蓮寺』。


以前のお遍路で西蓮寺へ行ったが、あれは石川町。
同じ名前のお寺が、八王子にふたつある。

こちらの西蓮寺は永享元年(一四二九)の創建、
開山祐真法印の 入寂は寛正二年(一四六一)二月一日と伝えら れる。

初め楢原町にあり、後今の叶谷町に移っ たが、
明治二十五年火災で焼失したのを機に、
同九年焼尽した当寺末金谷寺を合併、
同二十八 年現在地に新設されたもの。


今日も全員無事(?)に市役所へ帰還。
体操のあと、W部さんの海外土産をいただいた。
W部さん、ごちそう様でした。


そして、恒例の武蔵陵マラソン応援。
ガッツだ、負けるな、もがけー!


おっ、ナガチャン、いい位置じゃん!
がんばれー!


zakiも負けるな! 前を追えー!


うっちに缶チューハイをおごってもらって、
やわらかい日射しをうけながらマラソン応援。
いいねえ。うっち、ごちそう様でした。

ブラックさんちのお嬢様(?)も応援。


今日もすこぶる気分の良い1日だった。
走友のみなさん、ありがとう!
レースを走った選手のみなさん、お疲れ様


<今日の練習内容>
(アップ)
0.5km 

(例会) お遍路八王子35ヵ所めぐり、その11。
市役所~龍光寺~西蓮寺~市役所。  ゆっくりジョグ、12.5km。

<今日のデータ>
今日の走行距離     13.0km。 
今日まで       339.5km。
平均            13.5km/日
体重            63.0kg。(-)
体脂肪率         6.0%

筋ト:Px0,Sx0。
3片:×
+A:S(+12)15×0。
モー :×

×


d

★【 もがく者さん企画『ATTACK THE 1000』 】★

アタック自己記録 3分06秒54
アタック記録短縮 0分00秒00
アタック回数  2回。
別窓 | 例会 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪