FC2ブログ
 
03/21(水) 雪の松島。
2012-03-21 Wed 23:15
昨夜は女房と飲みに行って飲み過ぎ、記事を書かずに寝てしまった。
かなり酔っていたのであまりはっきり記憶してないが、
それでも、きちんとブログをアップしているのは、
単なる習性なのか、あるいは、ちょっとした使命感からなのか。

有り難いことに、
「毎日楽しみにしてる」と言ってくださる方が大勢いる。
さらに、
「朝起きて一番最初にすることは『月下独走』を読むこと」
そうまで言ってくれる走友もいる。

そういう事実が頭にあるのかどうかは定かではないが、
記憶があいまいながらもブログを更新したということが、
年に何度かあったりする。

昨夜も飲みに出かける前、途中まで写真をアップしてあったものに、
「酔ったのでもう寝る」というコメントを加えたあと、
『春準備』というタイトルをつけて更新したした…

…ような記憶が、あるような、
無いような…。

今朝ブログを確認して、自分で言うのもなんだけど、
「なかなか良いタイトルをつけたかも」と思った。
昨日の自分の気持ちを、素直に表現していると思う。


まずは、あらためて昨日のランのことから…。

昨日は20キロのペース走の予定で
朝の9時にはゆったりロードに着いた。
すぐにアップを開始したが、どうもコンディションが良くない。

おそらく、前日の帰宅ランで負荷をかけたせいだろう。
「頑張り過ぎないこと」を、出かけに女房から釘をさされていたし、
今日のところは無理せず、のんびりファンランを楽しむことにした。

一度車に戻り、スマホを持ってゆっくりと走りだす。
少し走っては立ち止まり、ロード脇の花や蕾、
時に川辺まで降りて、水鳥や川面を写真に撮った。

今日のゆったりロードは、もちろん春本番はまださ先だけど、
日射しが穏やかで、厳しかった冬がようやっと終わり、
春の準備が着々と進んでいる気配が感じられた。


南浅川が浅川と合流する手前で、河川整備工事が行われている。


これが完成予想図だって。
こういうところでの懇親会もいいかも。
楽しみだね。


梅の花は八分咲き。
青空に白い花弁がいかにも春らしい。


春の訪れに、水鳥たちも心なしか楽しそうに見える。


冬の間に流れが止まってしまった南浅川も、
今は力強く、山から降りてきた水を滔々と押し流している。


遠くの山々はまだ雪をかぶっている。
桜満開のゆったりロードもいいけど、
こうした春の準備中の雰囲気も、いいなあ、と思う。




桜の蕾は、まだこんな感じ。


春の準備は、こんなところでも…


高校生が軽快に走っていた。




南浅川橋まできた。


南浅川の先に高尾山。
桜の季節もいいけど、新緑の頃もまた美しいんだよな。
楽しみだねー。


引き返してからは、川の反対側をいく。
横山橋付近。


長房町、東横山橋からの眺め。


市役所前を通りすぎた辺りでE本さんが追い越していく。
6月にサロマを走るそうで、その練習だそうだ。
綾南から北野までを2往復、40キロ超の単独走。

すごいなあ…。
ゆっくり走ると言いながらも、サブスリーランナーのウルトラ。
どんなレースになるか、期待しちゃうよね。

公認コースの折り返しポイントで折り返し。


走り出した時は風が冷たかったけど、
市役所に戻った時には、汗ばむほどだった。
いつものゆったりロードも、今日は新鮮だった。


さて、祭日も関係なく仕事の女房を慰労して、
夜は居酒屋で、「おつかれさま~!」
場所は、八王子駅北口のツインタワー。

ピザ&パスタ食べ放題のお店…

…ではありませんぜ。


下の呼び込みで『飲み物半額』のクーポン券をもらったので決めた。
大好きな『ブラウマイスター』も275円、安い!
ここぞとばかりに飲む飲む。


さて、日本酒はどんなのがあるのかな、
と思って見てみると、数種類ある地酒の中に、
『雪の松島』という宮城のお酒があった。

すぐに、
復興マラソンで訪れた松島の思い出がよみがえった。


あの時は初秋の季節だったけど、その数ヶ月後に、
松島は厳しい冬を迎えたんだよなあ。
遊覧船で巡った島々に、マラソンで走った町に、海岸線に、
そして、レースを終えて訪れた野蒜にも、
冷たい雪が、幾度と無く降ったのだろう。

そんな厳しかった冬も、
おそらく、じきに終わりを告げる。
松島にも、もうすぐ春がくる。


「雪の松島って、どんなだろう?」
「さあ、どんなだろうね」
しみじみと、そんな会話をした。

なんだか、いろんな思いがいっぺんに湧いてきて、
なんだか、ちょっとウルっときた。
このあと、『雪の松島』を立て続けに飲んだ。

被災地の復興も、今が『春準備』の時であったらいい。
そう願うけれど、当初の掛け声とは裏腹に遅々として進んでいない。
そんな現実を見るにつけ、自分たちができることは
まだまだ、たくさんあるように思う。

瓦礫の受け入れに「賛成」の声をあげるのも
そのひとつじゃないかなとおれは思う。
市も、女川の瓦礫受け入れを検討しているというけど、
不安視する意見が多いのも事実。

確かにデリケートな問題で、
いろんな意見、
考えがあるのは承知しているけどね、

「がんばろう、東北!」
「がんばろう、日本!」
「絆!」

そんな耳障りの良い台詞を
お題目のように声高に叫んでおいて、
一方で「瓦礫はノーサンキューです」って、
そりゃあ、ちょいとハナシが矛盾してませんかって、
どうしてもそんなふうに感じてしまう。

口先だけの大酔っぱらいのオッサンは、
酔った頭で、
そんなことを考えていた。


雪の松島、
春準備。

夜中に目が覚めた時、
ものすごく喉が渇いていた。




<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
会社から、18.0km。(立日橋経由) 1'30

<今日のデータ>
今日の走行距離     18.0km 
今日まで       289.0km。
平均            13.7km/日
体重            63.0kg。(46-26)
体脂肪率         6.0%

筋ト:Px0,Sx0。
3片:×
+A:S(+12)15×0。
モー :×




d

★【 もがく者さん企画『ATTACK THE 1000』 】★

アタック自己記録 3分06秒54
アタック記録短縮 0分00秒00
アタック回数  2回。
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪