FC2ブログ
 
05/01(日) 一丁平の10善人。―風の音を聴きながら―
2011-05-01 Sun 23:23
GW三日目の今日は、走ろう会の特別練習会で一丁平クロカン走。
あいにくの曇り空。雨の心配もあってか、参加者は例年よりだいぶ少なめ。
P1002432(1).jpg

しかし、走ろう会の晴れ男・晴れ女は己を信じて疑わない。
P1002437(1).jpg

少数尖鋭・男性9名、女性1名で元気に登山開始!
走りに行くだけなのに、なぜかみんな大荷物。
P1002439(1).jpg

だんだん明るくなってきた。
どうやら雨の心配はなさそうだね。
一同、「当然です」(キッパリ)
P1002438(1).jpg

今日は天気が良くないせいか、ハイカーもランナーも驚くほど少なかった。
ひっそりとした山に、風の音が心地よかった。
途中で休憩していると、3人のランナーが登ってきた。

そのうちのひとりが、なんと、走術研究所所員・オザキ1号さん。
挨拶をかわしたあと、3人は元気に登って行った。
がんばってー!

所々にまだ山桜が咲いていて、曇天の下でも綺麗に映えていた。
P1002442(1).jpg

一丁平に到着後、準備体操。
P1002446(1).jpg

今日はココを走ります。
大平林道、高尾林道。
P1002444(1).jpg

走ろう会以外、だーれもいない。
お天気のせいで、いつもと違って静かな森に、
今日は烈しい風の音。

P1002448(1).jpg

すぐ近くの木々が、風に大きく揺れる。
ざわめくように、しばらく大きな音をたる。
程なくして一瞬、静まり返ると、今度はその代わりのように、
ひとつ向こうの林が揺れる。

そんな音を聞きながら、ひたすら走る。
ザック、ザックと、砂利を踏みしめて走る。
P1002450(1).jpg

ザック、ザック。
汗は、かいたそばから風が乾していく。
P1002454(1).jpg

走ったあとは、もちろんコレですな。
大荷物の中身は、大量の食料・氷、そしてお酒でした。
P1002457(1).jpg

W部さん特製、チョコケーキ。美味い!!
でも残念、W部さんは一足先に下山。
P1002461(1).jpg

あとに残ったオトコ9名は、延々と…。

ちょっと寒かったけど、最後は晴れ間も。
P1002465(1).jpg

帰りは慎重に安全運転。
「足元、大丈夫?」「オマエこそ」
P1002467(1).jpg

安全運転のため、時間がかかる、かかる。
なかなか麓が見えてこない。

あー、やっとトラック1周分。
P1002470(1).jpg

麓だー。
P1002469(1).jpg

やったー、無事下山!
P1002468(1).jpg

高尾駅に移動して、第二ラウンド。
お目当てはコレ、氷下魚。
P1002471(1).jpg

コマイ、と読みます。
氷下魚の由来は厳冬期に氷を割って漁獲(氷下待ち網漁)したことから。
これがなかなかの美味。

お酒は被災地産を。
注文すると、いくらかの義援金が寄付されるシステム。
P1002472(1).jpg

焼酎も。
みんなで、たくさん寄付ができました。
P1002473(1).jpg

いやあ、今日も楽しかった!!
毎日、こんなに楽しくていいのかな?

<今日の練習内容>
(走ろう会特別練習)
 一丁平 クロカン走

大平林道など、20.0km。

<今日のデータ>

今日の走行距離    20.0km 
今日まで         20.0km
平均           20.0/日
体重            6?.?kg
体脂肪率         5.5%

筋ト:なし。
3片:○
+A:なし。

① ○
② ◎
③ ◎
④ d
別窓 | 特別練習 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪