FC2ブログ
 
12/13(土) 真央ちゃん、逆転優勝!
2008-12-13 Sat 22:29
今日の強化練習は5000mx2ペース走。
最近は昼ランを休んでいるので、強化練習が唯一のスピード練習になっている。
やはり、これではスピード練習不足は否めない。

好調時より身体は重いし、足の運びがぎこちない。
なにより、苦しいところでもう一歩が追い込めない。
やはり、メンタルを鍛えるためにも、日々のスピード練習は欠かせない。

ということで、風邪も良くなったし、青梅まで2ヶ月になったことなので、
来週から昼ランを再開しようと思う。
これまでは体調不良を理由に休んでいたけど、
同じことの繰り返しにならないよう、体調管理には気をつけたい。
明日からまた寒くなるらしいので、十分に気をつけよう。


さて、我らが真央ちゃんがやってくれた!
フィギュアスケートのグランプリファイナルのフリー、
ショートプログラム2位の真央ちゃんがフリーで1位となり、
合計188.55点で優勝した。3季ぶり2度目のGPファイナル優勝だ。

優勝とともに、女子では史上初、国際大会で2度のトリプルアクセルに成功した。
一方SP1位のキムヨナ選手は合計186.35点で2位に終わった。
勝因はなんと言って冒頭のコンビネーション、続く単発ともに成功させたトリプルアクセル。
中盤の3回転ジャンプで転倒した時はどうなるかと思ったが、
結果的には、この成功が今大会の結果を左右した。

なぜ真央ちゃん優勝の期待を持ったかと言えば、このトリプルアクセルだ。
このトリプルアクセルこそが真央ちゃんにとって最大の武器であり、
この武器を持たないキムヨナ選手のウイークポイントでもあるわけだ。

あれだけ安定感のあるジャンプができるキムヨナ選手でも、
真央ちゃんがトリプルアクセルを2度成功させたら、
よどほミスの無い演技をしない限り勝つことはできない。

これがプレッシャーにならないわけがない。
もし、キムヨナ選手が真央ちゃんの前に滑っていたら、
もしかしたら、順位はかわっていたかもしれない。

それだけ、キムヨナ選手には重いプレッシャーがかかっていたと思う。
真央ちゃんもミスはあったけど、勇気あるチャレンジが優勝を呼び寄せた。
これには、普段からの練習量の多さが裏づけになったということもあるだろう。

しかし、去年からの成長度で言えば、キムヨナ選手の方が上だと思う。
去年まで、二人とも完璧な演技をしたら真央ちゃんの方が高得点を出せた。
でも今は違う。キムヨナ選手に完璧な演技をされたら、
真央ちゃんと言えど、そう簡単には勝てないところまで
二人の実力は拮抗してきた。
これからの真央ちゃんの成長に期待したい。

なにはともあれ、今日は本当に良かった!
優勝おめでとう、真央ちゃん!

<今日の練習内容>
(アップ)
2.0km

(本練習) 5000mx2(ペース走) つなぎ、1000m。

<1本目>
~1000m  03'43.76
~2000m  03'40.53
~3000m  03'38.51
~4000m  03'39.23
~5000m  03'38.73   18'20.76

<2本目>
~1000m  03'41.08
~2000m  03'42.03
~3000m  03'39.71
~4000m  03'37.73
~5000m  03'35.23   18'15.23

(ダウン)
2.0km

<今日のデータ>

今日の走行距離     15.0km 
今日まで         193.0km
平均            14.8km/日
体重             65.0kg
体脂肪率          10.5%



today:3 total:224 days:76 average:2.9
month:41 average:3.1
別窓 | スポーツ観戦 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 | NEXT

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪