FC2ブログ
 
12/05(金) 諦めなければ夢は叶う。
2008-12-05 Fri 23:28
天気は昼頃から大荒れという予報だったが、
いつになっても降り出さない。
薄日も差して、穏やかな陽気。

これは予報が大はずれかなと思っていたら、
急に天候が変わって、にわかに降り出した雨は、
予報どおり、強風をともなった豪雨となった。

夕方にはあがるという予報だったが、降り出したのが遅かったから、
帰宅ランは無理だろうと思っていたが、ここは予報どおりにぴたりとやんだ。

あれだけの大荒れだったのが、唐突にやんでしまったせいだろうか
帰宅ランで走っている途中に、もうすっかり雨があがって
道路も乾き始めているというのに、傘をさしているひとを三人も見た。

そのうちの一人は、もう家まですぐそこという所だったので
雨がやんでから、かれこれ2時間は経っていただろう。
きっと雨が降っているものと思い込んで駅で電車を降り、
そのままあまり考えもなしに傘をさして歩き出したのだろう。
思い込みと言うのは、オモシロいものだ。


さて、先週・今週と、テレビでQちゃんの特集番組を観た。
その中では、今までQちゃんが歩いてきた道が、
どれだけ険しいものだったかが、あらためてよくわかった。

それでもQちゃんは持ち前の明るさで、
こんなにも大勢の人に感動を与え、そして愛されて
なによりも陸上界に輝かしい功績を残した、
紛れもない国民的なヒロインだったと思う。

Qちゃんと言えば、「諦めなければ夢は叶う」という言葉。
この言葉が、どれだけ多くの人に希望を与えたことか。
よく、「諦めなくても、叶わない夢はあるだろう」と言う人がある。
実際、Qちゃんの夢は叶わなかったじゃないか、と。

そういうふうに思ってしまう人は、この言葉の本質が見えてない。
本気で夢を追う人は、必ず、自分の夢は叶うと信じているものだ。
夢が叶う日を信じ、その日に向かって努力を惜しまず、
そうやって日々を過ごすことに、大きな意味があるのだ。

これは、ひとことで言えば「よく生きる」ということだと思う。
人の人生は代わりがない。そして、たった一度しかない。
その、たった一度のかけがえの無い人生をどう生きるか。
そのひとつの答えが「諦めなければ夢は叶う」ということなのだと思う。

一日一日を大切に過ごし、常に情熱をもって生きる、
つまりは人生をしっかりと歩くため心がけなのだと思う。
おれも「諦めなければゼッタイに夢は叶う!」と信じている。
そうやって、これからも生きて生きたい。
代わりのない、たった一度の人生だから。

Qちゃんが、そのことを教えてくれた。
ありがとう、Qちゃん。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
会社から、19.0km。

<今日のデータ>

今日の走行距離     19.0km 
今日まで         91.0km
平均            18.2km/日
体重             65.0kg
体脂肪率          10.5%



today:5 total:202 days:68 average:2.9
month:19 average:3.8
別窓 | スポーツ観戦 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪