FC2ブログ
 
11/09(日) ジャイアンツ、「奪回」ならず。
2008-11-09 Sun 21:56
日本シリーズ第7戦は、西武が逆転でジャイアンツを破り、
4年ぶり、13回目の日本一に輝いた。
西武は怪我人を出しながらも、粘り強い野球で栄光を手中にした。

今年の西武は、素晴らしいチームだった。
選手、ファンの方々には心から「おめでとう」と言いたい。
日本一に相応しいチームが、日本一を手にしたと言えるのではないか。

最終戦までもつれ込んだ、がっぷり四つの力相撲。
お互いの持てる力のすべてを出しての押し合い。
こういう勝負では、やはり弱気になって隙を見せた方が負け。
原監督は、悔いの残る采配をしてまったと思う。

結果的には痛恨の逆転打で負けたが、投手ばかりを責めてはいけない。
特に若い投手は良くがんばったと思う。
でも、打線が2安打で勝つのは無理というもの。

打線も、投手力も、ベンチワークも
西武が一枚上手だったということだ。
これを糧にして、来年こそは日本一奪回に一丸となって欲しい。

西武ライオンズ、日本一、本当におめでとう!
ジャイアンツの選手、スタッフ、一年間、ご苦労様。
来年も、素晴らしい試合を期待したい。

F1000201(1).jpg


話は前後するが、今日の例会はタイム申告レースだった。
申告タイムは、10kmを37分30秒。
ここのところ、ジョグばかりで、ペース走などしていない。

ちょっと遅い設定とは思いながらも、
今はこんなもんだろうと思った。
しかし、走り出してみると、まあまあ、走れる。

5km時点で速過ぎたのはわかっていた。
そこから7.5kmまでは楽に走ったのだけど、
レースも近いし、意図的に遅く走るのもツマラナイので
申告タイムからは大きく外れることを承知で
後半は気持ちよくスピードに乗ることだけ考えた。

ゴールの際、「50秒くらい早かったでしょ?」と聞いたら、
ゴールタイムは、36分45秒で45秒早かった。
申告タイムとはズレたが、自分の思ったタイムとは
わずか5秒の違いだったので、まあ、よしとしよう。

あまり無理せずに、まずまずのタイムで走れたのも良かった。
調整をして、本番で思い切り走れば34分台は出せるだろう。
うまい具合に調子が戻ったら、悲願の33分台を狙おうかな?
まあ、そんなに甘いもんじゃないだろうけど。

例会終了後は、今日はD51さんがいないこともあって懇親会は無し。
中華料理屋と蕎麦屋に別れてそれぞれ、昼食を兼ねて一杯飲んだ。

中華料理と蕎麦、どちらにしようか迷ったが、
結局、中華料理屋へ行く事にした。
餃子、シュウマイ、海鮮カタヤキそばで、
生ビールを二杯飲んで帰ってきた。

帰宅途中で、まだお腹がすいていたので、
コンビニであんドーナッツを買って食べながら帰った。
中華屋で観ていた東日本女子駅伝が、
家に着いてもまだやっていたので観ていたが、
途中で寝てしまって、ゴールシーンだけなんとか観た。


それにしても、今日は疲れた。
なにが疲れたって、野球観戦がムチャクチャ疲れた。
やっぱり、ジャイアンツが負けたのは、すごーく悔しい。
まあ、そんなに良いことばかりは続かないということか。

昨日は、東京マラソン当選と、ジャイアンツの日本一を祝って
ケーキを買おうとして、結局はやめてしまった。

それこそ昨日の敗因だと思い、今日はしっかりケーキを用意したというのに、
大いに盛り上がる予定が、寂しく、ひっそりと、
悔しさを噛み締めながら食べることに…。

「祝勝パーティー」が、「縮小パーティー」になってしまった。

お後がよろしいようで。

<今日の練習内容>
(アップ)
2km。

(本練習)  タイム申告レース 10km

~10000m 36'45(3'35"8/kmペース)

(ダウン)

2.0km

<今日のデータ>

今日の走行距離     14.0km 
今日まで         123.0km
平均            13.6km/日
体重             64.0kg
体脂肪率          9.0%



today:2 total:158 days:42 average:3.7
month:41 average:4.5
別窓 | スポーツ観戦 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪