07/31(木) いざ、冒険の旅へ!
2008-07-31 Thu 14:33
今日も昼は筋トレ、帰宅ランなし。
はじめはキツくて、朝は腰が痛かったりもしたが、
3日目でようやく慣れてきた感じ。

ストレッチ(柔軟)も取り入れているので、
心なしか、身体も柔らかくなった気がする。(そんな簡単に効果でるか?)
脹脛の痛みも取れてきたので、週末にはゆっくり走り出せるかな。

でも、昼の筋トレは来週いっぱいくらい続けようかな。
なんか、走り出したときに、今までより楽にスピードを出せるような
そんな予感がするのが楽しみだ。

これぞ、怪我の功名。失敗してこそ人間は大きくなれるのだ。
きっとおれは、びっくりするほど速くなる。
うっしっし…。


さて、昨日無かったマーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』 、
立川のオリオン書房に行ったら、普通に売ってた。
しかし、オジサンが買うには可愛らしすぎる表紙。

まあ、子供向けの物語だから仕方ない。
だがしかし、男はいくつになっても少年だって言うじゃないか。
だから、全然構わないのだ。
誰でも夏は少年に戻るものなのだ。
これでいいのだ。

作者マーク・トウェインも本書の冒頭、「はしがき」で以下のように記してある。
(以下、一部抜粋)
この本は主として少年少女諸君をよろこばすためにかかれたものではあるが、
だからといって大人の諸君が遠ざけるようなことはしないでいただきたい。
大人の諸君に、その少年少女時代を思い起こさせ、
その時代に感じたり考えたり語ったりしたこと、また、
ときにはどんな奇妙なことを企てたかというようなことを
思い出していただくのが、私の計画の一部でもあるのだから。

  一八七六年、ハートフォードにて               作者

(抜粋、終わり)

おれなどがあらためて言うことではないけれど、
マーク・トウェインとは、なんと偉大な作家であるか。
今から約130年も前に書かれた物語である。

さてと、
そろそろ冒険の旅へ出かけるとしょうか…。


トム・ソーヤの冒険
【ただいま冒険中】
『トム・ソーヤーの冒険』
マーク・トウェイン (著), 大久保 康雄 (訳)
文庫: 332ページ
出版社: 新潮社; 改版版
発売日: 1953/10










<今日の練習内容>
(昼休みラン)
筋トレ

腹筋         50回
腕立て        30回
背筋         40回
スクワット      40回

以上にストレッチを組み入れて5セット。

(帰宅ラン)
なし。


<今日のデータ>

今日の走行距離     0.0km 
今日まで         395.0km
平均            12.7km/日
体重             65.5kg
体脂肪率          9.8%

別窓 | 本のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 | NEXT

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪