FC2ブログ
 
04/21(月) 20周年
2008-04-21 Mon 12:50
今日は結婚記念日だ。
結婚記念日だからといって、例年は特別なことは何もしない。
そればかりか、気づかないうちに過ぎてしまうことも多い。

別に今年に限って特別なことなどないのだが、20年目ということもあって、
息子も一緒に、『野鴨の家』という欧風のレストランで食事をした。
F1031015(1).jpg
息子は「夫婦水入らずで」と言って遠慮したが、
父、母、息子の三人だけのコンパクト親子だ。
一人だけ置いていくこともあるまい。

結婚前、当時できたばかりのこの店に、ちょくちょく足を向けていた。
結婚して住んだのがこの近所ということもあって、
その後も何かあれば定期的に訪れていたのだが、
最近はとんとそのようなことはご無沙汰で、
今日はおそらく五年ぶりくらいではなかっただろうか。
F1031011(1).jpg

ワインのお陰ですっかり心地よくなった頭で
キャンドルの明かりに優しく揺れる白い壁をぼんやりと見ていたら、
ふと、朝に通勤のモノレールから眺めた多摩川を思い出した。

このところの雨で、多摩川も生き生きとして見える。
川上を向いた車窓から眺めると、ちょうど目の前が流れの速い瀬になっている。
豊かな水量は澄んでいるせいか、川底が青く透き通って見える。

朝の陽をキラキラと反射させながら蕩々と流れる様子を見下ろして、
なぜかおれは強い夏の日差しをうけた海を思った。
帯のような白い水しぶきが、押し寄せる白波のように見えたせいだろう。
聞こえるはずもない音に耳を傾けると、サラサラとした瀬の流れでなく、
どどどっ、と押し寄せて崩れる、あの波の音が聞こえてくるようだった。

息子が中学生の頃まで、毎年、夏になると南伊豆の海へ行った。
いつも家を出るのは夜中で、眠気を我慢して車を運転したっけ。
暗いうちに伊豆に着き、仮眠のあとで浜へでた。
海では息子と張り合うように、ボディーボードで波に乗った。

女房はいつもそれをパラソルの下で見ていた。
波乗りを終えて浜に上がった時、女房の呆れ顔を不思議に思ったら、
夢中のあまり、2時間近くも波乗りに高じていたのだと教えられたこともあった。

息子が高校生になってからは行かなくなってしまったが、
その息子も、来年は高校を卒業する。
そうなれば尚更、家族で海水浴など行くこともなくなるのだろうな。
そんなことを思っていた。


そう言えば、20年前ってどんな年だっただろう。
ちょっと振り返ってみる。

政治・経済の主なところでは、リクルート事件が明るみになった。
多くの政治家が辞任し、翌年4月25日に首相だった竹下登も退陣、総辞職となった。

青函トンネル、瀬戸大橋が開通したのがこの年。
青函トンネルも瀬戸大橋も、20年間通ることがなかった。
北海道にも四国にも、旅行で連れて行ってあげられなかったのだ。
それどころか、関西だって東北だってない。この点は、非常に申し訳なく思う。
この先、通ることがあるか? まあ、期待は薄いだろうな。
ほんと、申し訳ない。

それから、東京ドームが完成したのもこの年だった。
広さを表現する「東京ドーム○○個分」なんて言い方も、
思えばここ20年来のことなのだ。

ソウルオリンピックはよく憶えている。
陸上の100mで金メダルをとったベン・ジョンソンが、薬物使用で失格になったっけ。
日本勢ではシンクロの小谷実可子選手や体操の池谷幸雄選手が活躍した。

芸能界では光GENJIの全盛期。
メンバーのひとりが先輩のいとこだった。
文学の分野では、吉本ばなな「キッチン」、村上龍「トパーズ」、
それから村上春樹「ノルウェーの森」が話題になった。

あれから、もう20年が経つのか。
今と大して変わらないようにも、ずいぶんと変わったようにも思える。
1988年に生まれた有名人には、玉置成実(歌手)、加藤ミリヤ(歌手)、
堀北真希(女優)、福原愛(卓球選手)、田中将大(プロ野球選手)、
斉藤佑樹(アマチュア野球選手)…といった人たちがいる。
みんな二十歳(はたち)なんだなあ。
おめでとう。

そうか、二十歳か。
おれたち夫婦も二十歳だ。成人だ。
夫婦として、いよいよ大人の仲間入りなんだ。
そのわりには、ひどく未熟な夫婦だけど……。

20年の間には、もちろん波もあれば風もあった。
時には高波だったり、暴風だったりもした。
逆に、流れを心もとないと感じたことだってあった。
それでも、こうして20年目を迎えることができた。
F1031013(1).jpg

もう一度、モノレールから見た多摩川を思い出す。
帯のような白い水しぶきが、押し寄せる白波のように見えた、あの流れを。
途絶えることなく、脈々と流れ続ける川の流れ――。
ずっと昔からそうだったように、これからもずっと変わりなく。

それは人の世のようであり、我々家族のようでもある。
色々なものが変わったようにも感じるし、
ずっと変わらないでいるようにも思える。

どどどっ、と崩れるあの波の音が、確かに聞こえた。


<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>

今日の走行距離      0.0km 
今日まで         19.0km
平均            /日
体重             66.3kg
体脂肪率          11.5%

別窓 | 短編小説風 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪