FC2ブログ
 
12/27(木) 師走だよ。
2007-12-27 Thu 23:22
F1030608(1).jpg

寒い寒いと言いながら、6時前の早起きも明日で終わり。
ここまでよく頑張ったと言いたいが、これを一年中続けるひとがいるのだから
たかだか20日程度で自分を褒めるわけにはいかない。

今朝はまた脹脛が痛い。
COCOの散歩で痛いのだから、今日はとても走れないだろうと思った。
明日は仕事納めだから、締めくくりに、どうしても走って帰ってきたい。
しかし、今日無理したら、明日は走れなくなること必至。
なので、昼ラン、帰宅ランともにナシで、オフとした。

それにしても、今日一日の短さといったらハンパじゃなかった。
夕方、加湿器の水を補給する同僚に向かって、
「あれ、さっきも水を補給してたよね」と言ったら、
「あれは今朝のことだよ」と言われた。

よくよく思い返してみても、お昼を食べたのも、3時の休憩も
なんだかあっという間に過ぎ去ってしまって判然としない。
忙しすぎて、今日という一日が雲を掴むように頼りない。

これも師走のなせる技か。
師走の語源は、よく「先生が走るほど忙しいから」と言われるが、
「師走」は当て字で、語源は諸説があって正確なところはわからないらしい。

主な語源説は、
「師匠の僧がお経をあげるため、東西を馳せる月」と解釈する「師馳す」説。
現代の「師走」と漢字の意味合いも近く、古い説であるため有力に思えるが、
「師馳す」説は民間語源で、この説を元に、「師走」の字が当てられたと考えられる。

そのほか、「年が果てる」の意味の「年果つ(としはつ)」が変化したとする説。
「四季の果てる月」を意味する「四極(しはつ)」からとする説。
「一年の最後になし終える」意味の「為果つ(しはつ)」からとする説などがある。

それから、あんまり忙しいので額にシワがよる「皺立つ(しわたつ)」説もある。
ちなみに、この「皺立つ」説は、おれが勝手に思いついた説なので、
くれぐれも、よそで言ってはいけない。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>

今日の走行距離      23.2km 
今日まで         325.9km
平均            12.0/日
体重             66.0kg
体脂肪率          12.5%
別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 |

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪