05/05(水) 奇妙な『味』を探して。
2010-05-05 Wed 14:21
さあ、今日でGWも終わりだ。
今年は近年稀に見る好天続きのGWとなった。
何年か―いや、十何年かに一度の恵まれた連休に
足の怪我さえ無ければ、今日にはさぞや日に焼けていたことだろう。

今日も3時間をかけて、じっくり筋トレを行った。
先日の強化練習のとき、半ちゃんが貸してくれたチューブを使って、
負荷がかかり過ぎない様、左足も動かした。

家の中で限られた範囲でトレーニングしていると、
いくら「今まで以上の苦しいトレーニングをやる!」と意気込んでも、
競技上でやる練習以上に身体を動かすことは難しい。

と言うより、不可能だ。
競技場でやる土曜日の強化練習や、水曜の富士森練習会が
どれだけ貴重なものか、それがよくわかる。


さて今日は何処へ飲みに行くか、と考えている。
すると、ふと一昨日行ったイタリアンレストランでのことに思いが傾いた。
そういえば、ハウスワインを飲んだ時、ある小説のストーリーが
酔った頭を、すーっと通り過ぎるように駆け抜けていった。

それは、ロアルド・ダールの『味』という短編小説。
ある美食家が家の主人とワイン利きの賭けをする話だ。
美食家は自宅と別荘を賭け、家の主人には自分の娘を賭けるように持ちかける。

そのワインが、ボルドー地方でも数限りない小さな葡萄園に囲まれた、
そのまた小さな葡萄園のものだったので、当てるのはゼッタイに不可能。
だから、主人は娘本人や奥さんが強く止めるのも聞かず同意する。
しかして、その賭けの行方は…。

結末を書くの野暮だろうから、しない。
ダールの短編自体、「奇妙な味」と評される。
もちろん悪い意味ではなく、作家・評論家・翻訳家らの評価は高い。
どことなく落語の小噺に通じるものを感じて、おれも好きな作家だ。


あなたに似た人x
 『あなたに似た人』 (『味』収録)
 ロアルド・ダール (著), Roald Dahl (原著), 田村 隆一 (翻訳)
 文庫: 498ページ
 出版社: 早川書房 (1981/07)
 発売日: 1981/07




一日中家にいると、穏やかである一方で、
何もこれといって変化がないので、ある意味つまらない。
ダールの短編のような奇妙奇天烈な事件は、
この限られた空間では起こりようがないのだ。

夜の街にはどんな「奇妙な味」が待っているだろう?
はてさて、今夜はどこへ飲みに行くとしようか。

<今日の練習内容>
なし。

<今日のデータ>
今日の走行距離    0.0km 
今日まで        0.0km
平均           0.0km/日
体重            65.5kg(ギブス…っつーか添え木ほか含む)
体脂肪率         測定不能。

筋ト:全身をまんべんなく。
P・B:◎
3片:×
別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
03/05(木) 太陽の季節。
2009-03-05 Thu 13:09
木曜日なので、昼はインターバル。
今までのレースとは違い、東京はフルマラソン。
距離が断然長いので、短い距離のスピード練習が
どれだけ効果的なのか、あるいは余計な練習なのか
本当のところはわからないけど、おれは必要な練習だと思う。

東京では3分40~50秒/kmペースでの走りになるだろうから、
3分10~20秒/kmペースの練習は実践的ではないのだろうけど、
ただ、絶対的なスピードが上がっていけば、3分30~40秒/kmペースが
今よりキツイと感じなくなるのだろうと思う。
そういう意味で、必要だと信じてやっている。

このところ天気の悪い日が多かったから、
トラックは少々ぬかっていて走りづらかった。
おまけに最後の方で風が強くなって、最終周の最後の直線では
思い切り向かい風にやられて死ぬかと思うほどキツかった。

帰宅ランは長距離をやったけど、今日はわりと楽に走ることができた。
最後もヘトヘトになることもなく、気持ちよくあがれた。
この調子で徐々にコンディションを上げていこう。

ただ、最近は夜パソコンに向かうとき、酒を飲みながら
お菓子を食べる癖が付いてしまって、体重がなかなか減らない。
できれば東京までに60kgまで落としたかったが、
今の調子でやっていたら、到底無理だろう。

これから東京の本番までは、お菓子生活とはお別れしよう。
わずか2週間ばかりのことだから、夢を掴むための条件と思って
悲しいけど我慢することにしよう。



太陽の季節 【読了】09-03
 『太陽の季節』
 石原 慎太郎 (著)
 文庫: 285ページ
 新潮社; 改版版 (1957/08)
 発売日: 1957/08

太陽族を出現させ、文壇に大きな波紋を投じた芥川賞受賞作
「太陽の季節」は、戦後の社会に新鮮な衝撃を与えた記念碑的作品である。

若き戦後世代の生と死を真正面から描いた「太陽の季節」は、
発表されるや広く社会全体に新鮮な衝撃を与える「事件」となった。
この華々しき出世作ほか、人生の真相を虚無の底に見つめた「灰色の教室」、
死に隣接する限界状況を捉えた「処刑の部屋」など、挑戦し挑発する全五編。

東京マラソン大会会長への敬意と、
ぶっちゃけ氏の芥川賞受賞作とはどんなもんなんだ、
という興味で手に取った本。読みはじめから読了まで、一ヶ月かかった。

最近は読書をする時間が全然ないし、
おれが生まれる前に出版された小説なので、
表現や言葉遣いですんなり頭に入らないことも原因だろうか。

まあ、でも古臭さはあまり感じなかった。
社会問題にもなった衝撃は、さすがに今の時代ではそれほどの鮮烈さはないけど
それでも、「ああ、このひとは文学者だったんだ」と思わせるだけのものはあった。

これが今年のなんと三冊目。
50冊読むという目標が、このペースだと10冊ちょっとしかいかない。
走ることと書くことばかりに時間がとられているのが原因だけど、
これも致し方ないことなので、まあ時間があるときに楽しんで読書しよう。
元々、リラックスできる楽しみのひとつにノルマなんかを設定したのが
そもそもの間違いだったと、今気づいた。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
5.0km(400+200) インターバル走
(アップ)
800m。

     LAP       SPLIT  distance(m)  /km
01  01:20.88  01:20.88   400    03:22.20
02  01:16.09  02:36.97   400    03:10.23
03  01:20.48  03:57.45   400    03:21.20
04  01:18.47  05:15.92   400    03:16.18
05  01:15.99  06:31.91   400    03:09.98
06  01:16.01  07:47.92   400    03:10.03
07  01:13.47  09:01.39   400    03:03.67

(ダウン)
200m。

(帰宅ラン)
会社から、25.0km。(秋留橋経由)

<今日のデータ>

今日の走行距離     30.0km 
今日まで         102.4km
平均            20.4km/日
体重             62.5kg
体脂肪率          9.0%



today:4 total:473 days:158 average:2.9
month:12 average:2.4
別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
01/2(金) お詫び。
2009-01-23 Fri 22:38
最近、ブログがつまらなくなったというお叱りを、
熱心なオリPブログ読者の方々から頂いております。
ご指摘の通り、最近のブログは正直言って手抜きです。

理由は、3月の締め切りの「あるもの」に間に合わせるために、
ブログを書き終わってから、その作業に取り掛かっているためです。
なるべく早くブログを書いて、その作業を始めたいのです。
それは今年で三回目で、間単に言うと懸賞論文のようなものです。

去年はギリギリまで書いていて、手直しする時間がほとんどありませんでした。
それが大きな失敗だったという反省を踏まえて、
今年は2月中に書き終えて、一ヶ月を見直し・手直し期間に当てようと考えました。
それにより、今がとても苦しい時期になっているのです。

そのようにご説明したところ、熱心な読者様のおひとりが、
「そんな事情は私には関係ない。とにかくもっと面白いブログが読みたいだけだ」
と、またまた愛情あるお叱りを頂戴いたしました。

これからは、もっと面白いブログを心がけます。
ですので、今後もオリPブログを、どうぞご贔屓にお願いいたします。
どうも失礼いたしました。


妊娠カレンダー 【読了】09-02
 『妊娠カレンダー 』
 小川 洋子 (著)
 文庫: 202ページ
 文藝春秋 (1994/02)
 発売日: 1994/02

出産を控えた姉に毒薬の染まったジャムを食べさせる妹…。妊娠をきっかけとした心理と生理のゆらぎを描く芥川賞受賞作「妊娠カレンダー」。
謎に包まれた寂しい学生寮の物語「ジミトリイ」、小学校の給食室に魅せられた男の告白「夕暮れの給食室と雨のプール」。透きとおった悪夢のようにあざやかな三篇の小説。

前回に引き続き、女流作家の芥川賞受賞作。要するに、純文学。
最近、故あって女流作家の小説を選んで読んでいる。
小川洋子はもっと後の小説を読んだことがあるが、
この頃は少し色が違うが、まあ読みやすい。

多少、描写がうるさいのと、登場人物のセリフが
「小説家かよ」と突っ込みたくなるくらいに、おしなべて文学的。
だから、そういう不自然さは大いにあるのだけれど、
それを承知で小川洋子の世界に浸るのも面白いのかもしれない。
個人的には好きな方。お勧めする。

ただしタイトルだけ見て、赤ちゃん誕生までのほのぼの物語と思って読むと、
まったくそんな話じゃないので、ご注意を。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
会社から、19m。

<今日のデータ>

今日の走行距離     19,0km 
今日まで         252.4km
平均            10.9km/日
体重             66.0kg
体脂肪率          12.5%



today:0 total:367 days:117 average:3.1
month:85 average:3.6
別窓 | 読了 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
01/14(水) 復活の予感。
2009-01-14 Wed 22:17
今日も風邪は完治せず。
ここで焦っても仕方ないので、今日はオフ。
いずれこの借りは返すときが来るだろう。
風邪がすべて消え去ったとき、おれの本気は爆発するよ。

復活を、一番星に誓う。
F1000433(1).jpg


蛇を踏む【読了】01
『蛇を踏む』
川上 弘美 (著)
文庫: 183ページ
文藝春秋 (1999/08)
発売日: 1999/08

女は藪で蛇を踏んだ。蛇は女になり食事を作って待つ。母性の眠りに魅かれつつも抵抗する、女性の自立と孤独。芥川賞受賞作他二篇





作者の表現する抽象と現実とを照らし合わせて、
作者の言うところの「うそばなし」に酔うというのが正当な読み方か。それも少々疲れる。
純文学は、もっと純であってはいけないのか、と純粋に思う。
好きな人は好きだろう。嫌いな人は多いと思う。
ただ、蛇がものすごく嫌いな人は読まないほうがいいかも。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。


<今日のデータ>

今日の走行距離     0.0km 
今日まで         112.4km
平均            8.0km/日
体重             65.5kg
体脂肪率          11.5%



today:7 total:327 days:108 average:3.0
month:45 average:3.2
別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
04/14(月) 自分にできること。
2008-04-14 Mon 15:34
今日は久しぶりに休肝日となった。
昨日、調子に乗っていつもより飲みすぎた。
帰ってくるときは良い調子だったのだが、ベッドに入ってから大変だった。

寝て少しも経たないうちに気持ち悪くなってトイレに駆け込む。
これを何度も繰り返した。
気持ち悪いうえに頭が割れるように痛くて最悪だった。

その間中、COCOがベッドで添い寝してくれた。
夜中に目覚めた時、ようやく気持ちが悪いのが治まり、
頭痛もなくなってホッとしたとたん、COCOは自分の寝床へ帰っていった。
ああ心優しきCOCOよ、愛すべきわが家族よ。
ありがとう。

夜、穏やかに夕食を食べていたところ、
身近に痛ましい出来事があったことを知った。
なんということか。本当に言葉が無い。
こういうことがある度に思い知るのは、自分の無力だ。

けれど、それでも自分に何ができるか、
生きている限り、それを考えていかなければいけない。
自分にできることなんて、高が知れているかもしれない。
とるに足らないような、ちっぽけなことかもしれない。
だけど、こんな自分にでも出きることがきっとあるはず。
そう信じて、生きていく。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>

今日の走行距離      6.0km 
今日まで         6.0km
平均            /日
体重             64.3kg
体脂肪率          11.5%

眠る鯉2
【読了】
『眠る鯉』
伊集院 静 (著)
文庫: 249ページ
文藝春秋 (2005/12)
発売日: 2005/12








別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
04/08(火) 遅くなるスピード、速くなるスピード。
2008-04-08 Tue 12:53
今日は一日、すごい雨だった。
こういう日にも、走る人は走るのか。
走れないと、こんな雨の中でも走る人が羨ましい。

一応、ランニングのブログなので、走らないと書く事が無い。
お陰で読書の時間は取れるが、帰りの電車賃が馬鹿にならない。
普段は往きだけ電車を使って、帰りは走って帰るから定期は買ってない。

回数券を買っているのだが、往復だと普段の倍の速さで無くなる。
おれは交通費も含めてのお小遣いをもらっているので、
お小遣いが普段の倍の速さで無くなるのだ。
これは、痛い。痛すぎる。

故障で練習できなくて、走るスピードは遅くなるのに、
お小遣いの無くなるスピードは速まる一方だ。
早く走れるようになりたい。


<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>

今日の走行距離      0.0km 
今日まで         0.0km
平均            0.0km/日
体重             64.3kg
体脂肪率          11.5%

黒い回廊
【読了】
『黒い回廊』
阿刀田 高 (著)
文庫: 300ページ
出版社: 集英社
発売日: 2008/1/18








別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
03/02(水)←04/02(水) 夜桜。
2008-04-02 Wed 16:28
F1030943(1).jpg

今日は庭にアウトドア用のテーブルを出して、花見をした。
いつもは富士森まで出かけるのだが、例年、帰ってくるとうちの隣に見事な桜。
なんとなく釈然としないかった。

そこで、今年は隣の桜をみを見ながら夜桜えおい。
しかし、桜ってやっぱりいい。
何時間見ていても飽きない。
そんなこんなで、例によって飲みすぎた。

ねる~。


<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>

今日の走行距離      0.0km 
今日まで         0.0km
平均            0.0km/日
体重             64.3kg
体脂肪率          11.5%

お縫い子テルミー2
【読了】
『お縫い子テルミー 』
栗田 有起 (著)
文庫本: 211ページ
出版社: 集英社 (2004/02)
発売日: 2006/06








別窓 | 読了 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
02/29(金) 今日も走れず。
2008-02-29 Fri 22:49
右の脹脛痛は、だいぶ良くなったがまだ若干残っている。
走れば悪化することは間違いないだろう。
明後日のレースのために、少しは足慣らしをしておきたいところだけど
悪化させたんじゃ元も子もない。
今日はおとなしく休養することにした。

明日は前日だから無理できないし、
今度のレースは、ぶっつけ本番もいいところだ。
レースの日程が立て続くと、いつもこんな調子だ。

明後日のレースが終ったら、しばらくはじっくりと練習することにしよう。
次は横浜ロードレースになるだろうか。
去年は一昨年の雪辱を晴らして、34分21秒の自己記録で年代別優勝している。
今年こそ、33分台を記録したいところだが、一番の有力はこのレースだろう。

アップダウンがほとんどないこのコースは、記録を出しやすい。
このレースまでに、約一ヶ月のあいだ集中して練習し、
念願の33分台をぜひ出したいと思う。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
なし。

(帰宅ラン)
なし。

<今日のデータ>

今日の走行距離      0.0km 
今日まで         223.1km
平均            7.6km/日
体重             64.0kg
体脂肪率          10.4%



いじめ・いじめられる青少年の心
【読了】
『いじめ・いじめられる青少年の心―発達臨床心理学的考察 (シリーズ荒れる青少年の心)』
坂西 友秀 , 岡本 祐子 (編著)

単行本: 151ページ
出版社: 北大路書房
発売日: 2004/3/20










今日の枚数        0枚 
今日まで         53.5枚
平均            2.1枚/日
別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
02/08(金) 練習再開。
2008-02-08 Fri 12:58
風邪は完璧に良くなったわけじゃないけど、今日から練習を再開した。
昼ランは、約一週間も走ってなかったので、
ダメージがなくて、どれだけ軽いかと思ったが、とんでもない。

軽いどころか、重くて仕方ない。
しかも、身体全体が硬くてギクシャクしたカンジ。
5分/kmのペースで、息が切れた。

帰宅時にちょっと熱っぽいので体温を測ったら、37度あった。
青梅前夜と同じだから、大事をとってやめた方がいいかとも思ったが、
今日こそは、どうしても走りたかった。

走りだすと、熱っぽい感じはしなくなったのだが、
半分過ぎた辺りから、膝が痛くなってきた。
たかだか一週間でこうもコンディションが落ちるものかと
ちょっと落ち込んでしまいそうになったが、
一週間で落ちたものは、一週間かけて取り戻せばいい。

とにかく、もう一週間とちょっとに迫った東京マラソンなのだから、
出来る限りの走りができるよう、全力を尽くすしかない。
それでも、ここまできたら多くを望んでも仕方ない。

今年のテーマは、「楽しんでサブスリー」としたい。
あまり無理して力んで走って、後半で潰れても面白くない。
かといって、タイムを全然無視して走るのも、自分らしくないだろう。

去年走ってわかったとおり、東京はコース設定が抜群に楽しい。
ここで楽しまなきゃ、それこそもったいない。
サブスリーという目標を立てながら、東京の街を楽しんで駆け抜けよう。

そのためには、コンディションを取り戻さなくては。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
4.2km(1050mコース4周) ジョグ。

TOTAL Time : 20:47.35   
 
     LAP      SPLIT      /km       AVE
01  05:07.26  05:07.26   04:52.63   05:07.26
02  05:17.44  10:24.70   05:02.32   05:12.35
03  05:13.54  15:38.24   04:58.61   05:12.75
04  05:09.11  20:47.35   04:54.39   05:11.84

/km AVE :04:56.99 (/10km :49:29.88ペース)

(帰宅ラン)
会社から、19km。

<今日のデータ>

今日の走行距離      23.2km 
今日まで         45.2km
平均            5.6km/日
体重             66.0kg
体脂肪率          10.5%




mijukuzi.jpg
  【読了】
  『未熟児』
  山内 逸郎 (著)
  新書: 227ページ
  出版社: 岩波書店 (1992/09)
  発売日: 1992/09






自己を追いつめる青少年の心

【読了】
『自己を追いつめる青少年の心
―自殺の心理 発達臨床心理学的考察 (シリーズ 荒れる青少年の心)』
石田 弓 (編著)
単行本: 139ページ
出版社: 北大路書房 (2005/09)
発売日: 2005/09









今日の枚数        0枚 
今日まで         18.0枚
平均            2.2枚/日
別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
01/22(火) 調子は徐々に上向き。
2008-01-22 Tue 13:18
昨日、帰宅ランをせずに大人しく帰ったのが良かったのだろう、
風邪はすっかり良くなって、筋肉痛もほぼとれた。
改めて、休養の大切さを知った気がする。

ということで、今日の昼ランは好調時のタイムを目標に走った。
出だしはまずまずだったが、やはり走ってみると脹脛が若干痛い。
今日も寒いので、いつもより念入りにストレッチをしたが、
ここで無理すると、必ず故障する。
逸る気持ちを抑えて、徐々に上げていこうと思った。

しかし、いざ上げようと思ったときには、苦しくて上げられない。
心肺機能がかなり落ちているカンジだ。
これを上げていかなければ、青梅は勝負にならない。
最後は苦しくて仕方なかったが、ゼイゼイハアハア言いながら、
顔をしかめて走りきった。

目標にした22分40は切れなかったが、
今日ははずまずのトレーニング効果があったのではないか。
あまり焦らずに、じっくり調整していく。

帰宅ランは、あまりスピードを上げずに、
そのかわり、フォームに気をつけて走った。
明日は天気が悪そうだが、頑張って練習しよう。

<今日の練習内容>
(昼休みラン)
6.3km(1050mコース6周) ビルドアップ。

TOTAL Time : 22:41.13
 
     LAP      SPLIT      /km       AVE
01  03:59.37  03:59.37   03:47.97   03:59.37
02  03:57.38  07:56.75   03:46.08   03:58.37
03  03:45.35  11:42.10   03:34.62   03:54.03
04  03:43.08  15:25.18   03:32.46   03:51.29
05  03:43.35  19:08.53   03:32.71   03:49.71
06  03:32.60  22:41.13   03:22.48   03:46.85

/km AVE :03:36.05 (/10km :36:00.52ペース)

(帰宅ラン)
会社から、18km。

<今日のデータ>

今日の走行距離      24.3km 
今日まで         310.8km
平均            14.1/日
体重             66.5kg
体脂肪率          12.5%

熱球
【読了】
『熱球』重松 清
文庫: 350ページ
出版社: 新潮社 (2007/11)
発売日: 2007/11














今日の枚数        7枚 
今日まで         142.5枚
平均            6.4枚/日
別窓 | 読了 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月下独走 | NEXT

ひろさんって、こんなオッサン。

<span style= 【 がんばろう 】 


'06年6月、10Kmレースで惨敗。
悔しさから「来年は33分台で走る!」ことを宣言。
その過程を記すためにブログを始める。
しかし、一年後のレースでリベンジを果たせず。

'10年2月、青梅マラソン10km40歳台の部において33分30秒で2位。
4年越しでようやく目標達成!
しかし、ここで立ち止まるわけにはいかない。
次の目標は当然、「32分台で優勝する!」

そんなおれも、ついに50歳。
まだまだ俺は進化し続けるぞ!
今年もガンガン、走るぜーイェイ!!

こんなオッサンランナーだけど、
どちらさんもヨロシク~っス♪